シルバーパス改善へ 共産党都議団が条例改正案   

 日本共産党都議団が、高齢者の交通運賃を補助するシルバーパスについて、費用の負担を軽減する条例改正案を3月議会に提出します。2月21日に都議団が記者会見して発表しました。
 シルバーパスは70歳以上の人が対象で、パスを見せれば都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)や都内の民営バスを利用することができます。民営バスは乗車、降車の両方が都内の停留所である必要があります。
清瀬・東久留米でも切実な声が
 シルバーパスの発行を受けるには、住民税非課税または所得が125万円以下の人は1000円、それ以外の人は2万510円の費用を負担しなければなりません。
 私が清瀬市、東久留米市の方たちの要望をうかがっていると、「シルバーパスの改善」を訴える方がたくさんいらっしゃいます。もっとも要望が多い課題の1つです。「これでは安心して外出できない」「生きいき生活することができない」という声があちこちから聞こえてきます。何人かの方から「高いから買うのをやめた」という声もありました。
他の会派とも共同して
 記者会見した和泉なおみ都議は「所得が125万円を超える方の費用が2万円以上というのは高すぎるとの批判が多くあり、パスの利用率はかつての7割台から5割を切っています。高齢者の社会参加の促進、健康維持にとっても重要です。他会派とも共同して実現したい」と話しました。
条例改正のポイントは
 条例改正案の内容は次の2点です。
 (1)シルバーパスの発行を受ける際の費用負担を「所得に応じた」額とすることとします。この改正によって所得段階別の費用負担額を設定し、負担を軽減します。
 (2)新たに多摩モノレール、ゆりかもめでも利用できるようにします。
 (3)民営バスについて、乗車、降車の一方が都内の停留所であれば利用できるようにします。
 これを実現するための必要経費は、年間約52億円と見込んでいます。ことし10月1日からの施行をめざしています。
 シルバーパスの改善にむけて、ご一緒に声をあげていきましょう。

シルバーパスや都営住宅についてたくさん要望が寄せられています
b0190576_23131107.jpg
川面は春の表情です
b0190576_23131557.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-02-22 23:15 | 東京都政 | Comments(0)

<< 東京・清瀬市で新春のつどいを開きます 百条委員会設置へ 共産党都議団... >>