北多摩4区から立憲野党の代表を 宮本徹衆院議員の訴え   

 5月20日、東京・清瀬市で開かれた日本共産党演説会。宮本徹衆院議員は、東京都議会議員選挙が9条改憲をねらう安倍政権に審判を下す大事な選挙になってきたことを強調しました。あわせて、私の政治姿勢についても語ってくださいました。とてもうれしかったので、紹介します。

「憲法9条を守れ」の願いを原のり子さんに
 安倍政権の暴走を止めるために、いよいよ重要になってきたのが東京都議会議員選挙(6月23日告示、7月2日投票)です。安倍首相が憲法9条を変えるなんていいはじめたから自民党が大敗した、そういう状況をつくりだそうではありませんか。自民党のなかで、安倍降ろしの風がビュービュー吹き始めるような状況をつくりましょう。
 ここ北多摩4区(清瀬市・東久留米市、定数2)は、有力4人の大激戦・大混戦といわれております。4候補の中で「憲法9条を守れ」という立憲野党の代表は、共産党の原のり子さんただ一人ではありませんか。
 こんどの都議会議員選挙は、憲法9条を守る住民投票のようにたたかって、「憲法9条守れ」の願いを原のり子さんに総結集して、安倍政権に厳しい審判を下していこうではありませんか。私も全力をあげます。

本気の決意に応えて
 原のり子さんは5期18年、東久留米の市議会議員として、親身に市民のみなさんの相談にのって、願いを実現するために全力でがんばってきました。先ほど、保育園の保護者の方からお話がありました。いま東久留米では、公立保育園をすべて廃止しようという計画がすすんでいます。政治の都合で子どもたちに寂しい思いをさせる、子どもたちの成長に悪い影響を与える、こんなことがあってはならないと思います。
 こういう政治を変えていくためには、公立保育園にしっかり財源が出るようにしていかなければなりません。公立保育園に対する東京都の補助金を復活させる。その思いで都政への挑戦を決めたのが、原のり子さんです。市民の願いに応えようとする原のり子さんの本気の決意に、私も応えて全力でがんばっていきたいと思います。

激戦に勝ち抜こう
 私がいうまでもなく、原のり子さんは本当に誠実で、謙虚で、温かくて、人にやさしく、思いやりにあふれています。原のり子さんが都議会にいけば、もっと大きな働きができることは18年間の活動ではっきりと証明されているのではないでしょうか。
 定数2で勝ち抜くのは大変なことです。私も覚悟を決めてがんばります。
 先日、原のり子さんのファンの方が、「原さんのパンフをいつもカバンに入れ、初対面の人にもパンフを渡して話しかけている」と語っていました。私も感動して、その日以来、パンフを持ち歩いています。
 みなさん、力を合わせて、必ず勝ち抜こうではありませんか。


スピーチする宮本徹衆院議員
b0190576_21133101.jpg
参加されたみなんからたくさん激励をいただきました
b0190576_21133888.jpg


原のり子事務所開き ぜひおいでください
b0190576_21135216.jpg
事務所の地図です
b0190576_21152687.jpg


【動画の紹介です】

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」




都市農業への思い








homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-05-25 21:30 | 東京都政 | Comments(0)

<< やっぱり政治をよくしたい! 戦争法廃止きよせ市民の会 山田... >>