若者がスピーチ 共産党街頭演説   

 小池晃書記局長(参院議員)を迎えて東久留米駅西口で行われた日本共産党街頭演説(6月7日)では、若者を代表して東久留米市の北村龍太さん(30)さんがスピーチしました。北村さんは日本民主青年同盟で活動しています。若者たちの願いが届く都政にするために、私も全力をあげます。北村さんのスピーチをお読みください。あわせて、日本共産党東京都委員会が8日に発表した若者政策の骨子を紹介します。

【北村龍太さんのスピーチ】

 私は清瀬市で生まれ、5歳のときに東久留米市に引っ越してきました。小学校入学前の1年間を、しんかわ保育園ですごしました。1年間しかいなかったとはいえ、しんかわ保育園にはたくさんの思い出があります。近くにある竹林公園に遊びに行ったり、大晦日にお泊りをし、みんなで初日の出を見に行ったりしました。
 そんな、しんかわ保育園が数年後になくなってしまうかもしれないと聞きました。しんかわ保育園だけではありません。東久留米市はすべての公立保育園を廃止し、すべての園を民間化するという計画を打ち出しています。待機児童が全国的な問題になっているいま、「市として子どものめんどうをみることはしない」といわんばかりのこの方針には、疑問しか浮かびません。

 原のり子さんは、市議だったころから子育てにかかわるさまざなま政策に取り組んでおり、公立保育園廃止の問題についても、地域の方々と協力し、「なんとしても計画の撤回を」と働きかけてきました。
 原さんがすごいのは、この問題は市の中だけでは解決できないから、とより大きな政治の立場から解決しようとしているところです。原さんの都政での活躍を応援し、東久留米と清瀬の将来を担う子どもたちの未来を守っていきましょう。

 また、働き方の問題もわれわれ若者にとって大きな課題です。
 2015年に自ら命を絶った電通の高橋まつりさんは、月100時間を超える残業をしていたとニュースで報じられました。しかし、このようなことはいま、それほど珍しい話ではありません。私の周りでも、毎日のように終電まで働いている人や、土日も休まず自宅で仕事の続きをしている人たちがいます。「そんなつらい仕事ならやめてしまえばいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、一度社会で足場を失った人間に世間は優しくありません。

 私は大学在学中は公務員をめざしていたため、新卒での就職はしてこなかったのですが、その後、志望先を民間企業に変えた際は、とても苦労しました。ハローワークや求人サイトの求人には、給料が低かったり、非正規雇用のため待遇が悪かったりといったものが多くあります。なかには、履歴書を送り面接に向かったところ、その場で最初に示された求人案内とはだいぶ違った条件を示されたこともあります。

 一部報道では雇用が改善しているという話もありますが、労働者に対する待遇はまだ改善しているとはいえません。
 共産党は、いわゆる「ブラック企業」や労働に関する問題と長い間たたかってきました。原のり子さんを都政に押し上げ、都政へ、そして国政へと声を届け、誰もが働きやすい社会の実現をめざしましょう。

【共産党の若者政策 東京プロジェクト】
 日本共産党東京都委員会は6月8日、都庁内で記者会見を行い、都議選の若者政策「若者の願いにこたえる4つの『東京プロジェクト』」を発表しました。ネット上のSNSや、大型パネルを使った街頭宣伝で訴えていくことにしています。「東京プロジェクト」の骨子は次の通りです。

 全国の20代・30代の若者の8人に1人が東京に暮らしています。
 東京都の財政規模は、年間総額13兆円(福祉が充実したスウェーデン一国と同じ規模)。税金の使い方しだいで、全国に先駆けて、若者の生きやすい社会をつくれるポテンシャルがあります。
 東京都議選で、若者の願いを実現していく都議会を、一緒につくりましょう。
〔東京プロジェクト1〕お金の心配なく学べる東京へ、授業料負担の軽減、学生向け給付制奨学金をつくります
〔東京プロジェクト2〕最低賃金時給1500円、ブラックな働き方をなくし、8時間働けばふつうに暮らせる東京を
〔東京プロジェクト3〕就活のルールを作り、安心して仕事に就ける東京を
〔東京プロジェクト4〕若者への家賃助成制度を創設するなど、安心して生活できる東京を
 (「東京プロジェクト」の全文は、こちら から)
 (PDFファイルは、こちら からダウンロードできます)


スピーチする北村龍太さん
b0190576_21320291.jpg
6月10日は宮本徹衆院議員と東久留米市内で訴えました
b0190576_21320763.jpg
b0190576_21423314.jpg

原のり子リーフレットをぜひお読みください
全文は、こちら から
b0190576_21235104.jpg


小池晃書記局長のスピーチです

私、原のり子のスピーチです



homepage  twitter  facebook  YouTube








by hara-noriko | 2017-06-10 21:38 | 東京都政 | Comments(0)

<< 多摩のこの地から共産党の議席を 広がる安倍政権への怒り 都議選... >>