安倍自民党に都議選以上の審判を   

 日本共産党の宮本徹候補は、東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)の市民と野党の共同候補です。東京比例候補でもあります。その宮本さんの訴えが共感を広げています。スピーチの大要を紹介します。


【宮本徹候補の訴え】

市民と野党の共同候補として全力
 市民と野党の共同候補としてたたかっております日本共産党の宮本徹でございます。この選挙戦、私たち日本共産党は、数におごり憲法を壊す安倍さんの政治を終わらせるために、そして、戦争をしないと誓った平和憲法をしっかり守るために、多くの選挙区で私どもの候補者の取り下げも含めて、同じ思いをもつ立憲民主党、社民党、無所属のみなさんと候補者を一本化してまいりました。この東京20区で一本化されたのが、私、宮本徹でございます。
 日本共産党に投票されたことがないみなさんもたくさんいらっしゃると思いますが、平和憲法を守り、戦争しないこの国を次の世代にしっかり手渡すために、安倍さんの政治を終わらせるために、今度は宮本徹に政党支持の違いを超えて、みなさんの一票を託してください。この東京20区からも自民党の議席をなくして、安倍政権を退場に追い込む審判をご一緒に下していこうではありませんか。

森友・加計学園 安倍首相の疑惑隠しは許されない
 私は、森友学園・加計学園の疑惑を国会で徹底追及してまいりました。庶民には増税を強いながら、総理の夫人が関与したらゴミは深いところになかったのに、国有地をただ同然で払い下げるのか(森友学園疑惑)。おかしいじゃありませんか。総理のご友人だったら、どうして獣医学部新設の特権がもらえるのか(加計学園疑惑)。あまりにも政治が歪みすぎています。
 私たち都民は、7月の都議会議員選挙で、安倍さんの政治にお灸をすえました。安倍さんは反省したでしょうか。私は臨時国会で森友学園・加計学園の疑惑を追及する準備をしていました。ところが安倍さんは追及から逃れるために、憲法の規定にもとづいて召集された臨時国会を冒頭解散。疑惑隠しです。都議選の結果から反省もできない。疑惑隠しのためには憲法も無視する。こういう方にはお辞めいただくしかないではありませんか。この東京20区から、都議選以上の審判を下していこうではありませんか。

北朝鮮問題 あまりにも危うい安倍政治
 平和を守るためにも、いまの安倍さんの政治を続けさせるわけにはまいりません。いま、北朝鮮とアメリカの問題で、戦争になったら大変だ、直接対話をすべきだ、と世界中で多くの人たちが声を上げています。
 ところが安倍さんだけは、トランプ米大統領に追随して、今は対話のときではないといって、圧力一辺倒です。それだけではありません。トランプ大統領が北朝鮮に先制攻撃する選択肢をもっていることについて、安倍さんだけが支持すると表明しています。あまりにも危うい外交ではありませんか。
 私、国会で総理に言ったんです。そういうことになったら韓国にも日本にも大変な被害が出る。あなたがやるべきは、トランプ大統領に戦争という選択肢は絶対にとってはならない、と説得することだ、と。しかし、安倍さんは聞く耳をもちません。戦争という選択肢を考えている方に、この国の運命を委ねるわけにはいきません。

憲法にもとづいて平和的・外交的解決に向けて努力する政治こそ
 私たちの国には、戦争をしない、国際紛争を解決するために武力の行使も武力による威嚇もしない、と明記した憲法があります。この国の政府がやるべき仕事は、この憲法にもとづいて、アメリカと北朝鮮との間に入って、平和的・外交的解決に向けて努力することなのではないでしょうか。直接対話の実現に向けて努力することではないでしょうか。私は、そういう政治をつくっていきたいと思います。反戦・平和で95年。平和を守るためにがんばってきた日本共産党を伸ばしてください。市民と野党の共同候補、私、宮本徹を勝たせてください。

大企業や富裕層に顔を向けた政治を転換
税金はくらしの応援一番に
 暮らしを守るためにも、いまの安倍さんの政治を続けさせるわけにはまいりません。新しい政治に切り替えたい。
 年金は削減される。医療や介護の負担は増える一方です。せっかく特別養護老人ホームに入れたのに、安倍さんが入居料を引き上げたために払えなくなって退所せざるをえなくなった。こんな悲鳴が全国であがっています。あまりにもひどい話です。
 その一方で安倍さんは、自民党にたくさん献金をしてくれる方には、税金をばらまいております。ゼネコン業界。大型開発は安倍さんのもとで1兆5000億円増えました。大企業には4兆円の減税です。
 応援する相手が間違っているのではないでしょうか。これだけのお金があれば、減らない年金制度をつくるべきです。老後を安心して暮らせるように特別養護老人ホームをつくっていく。介護のサービスの取り上げはやめるべきです。
 私のモットーは「税金はくらしの応援一番に」です。ひきつづき、国会でがんばらせてください。

消費税の増税分は大企業・富裕層への減税で消えた
99%の国民に顔を向けた政治に切り替えましょう
 安倍さんの政治でもっとも歪みがあらわれているのが、税金の集め方です。
 安倍首相はこんどの選挙で、8%に引き上げた消費税を10%に引き上げると公約しました。消費税は、所得が少ない人ほど負担が重い弱い者いじめの税金です。消費税増税に頼らなくても財源はある、と国会で何度も提案してきました。
 国の税収は年間55兆円台です。25年前、消費税が3%だったときとほとんど変わっていないんです。消費税収だけは12兆円も増えました。しかし同じ期間に、大企業への減税や富裕層への減税が拡大されて、消費税で増えた分が消えてしまいました。増税するときは「社会保障のため」といいながら、社会保障に回る前に大企業や富めるみなさんの減税に消えてしまった。こんな政治をこれ以上続けさせるわけにはいかないではありませんか。
 企業・団体献金にどっぷりつかった自民党政治が、みなさんの暮らしを苦しめているおおもとです。1%の大企業・富裕層に顔を向けた政治から、99%の国民に顔を向けた政治に切り替えようではありませんか。大企業・富裕層に元通りの負担をお願いすれば、私のライフワークである教育の無償化もできます。社会保障を拡充することもできるんです。そういう政治をご一緒につくっていこうではありませんか。
 企業・団体献金をもらっていない日本共産党を大きく伸ばしていただきたいと思います。

日本共産党が伸びれば政治が変わります
比例は共産党
 前回の総選挙で、日本共産党は3倍近くに伸ばしていただきました。この力が、市民と野党の力で政治を変える新しい流れを日本の政治につくりだしました。今月1日に投開票された武蔵野市長選挙でも、野党共闘がみごとに勝利して、市民が主役の市政になっています。
 この総選挙で日本共産党がさらに伸びれば、野党共闘がさらに発展して自民党政治変わる新しい政治をつくる受け皿になります。
 平和を守る、暮らしを守る、憲法を守る新しい政治へ、比例代表では日本共産党を大きく伸ばしてください。

東京20区 宮本徹を勝たせてください
 ここ東京20区では、私、宮本徹を勝ち抜かしてください。私と自民党との争いになっています。どうか、みなさんの思いはこぞって宮本徹にお寄せいただいて、勝ち抜かせてください。よろしくお願いいたします。


山添拓参院議員(右)も応援

b0190576_14410689.jpg

私もいっしょに訴え

b0190576_14411310.jpg
b0190576_14412284.jpg
b0190576_14412767.jpg
b0190576_12424694.jpg






by hara-noriko | 2017-10-19 14:43 | Comments(0)

<< 比例は共産党 東京20区は宮本徹さん 熱気と感動 東京・立川の共産党... >>