都議会総務委員会の質問から(4)   

★ひきこもりの方への支援について
 都議会総務委員会でおこなった質問を紹介しています。今回は、青少年・治安対策本部関係のテーマとして、ひきこもりの方への支援について質問しました。

身近なところに居場所があることの重要性
 日本共産党都議団は、ずっと継続して質問を重ねてきています。直近では、昨年の決算特別委員会で里吉ゆみ都議が質問しています。そのときに里吉都議は、身近なところに居場所があることの重要性を訴え、東京都全体をみると地域に偏りがある。西武線沿線などは空白だということを指摘しました。

居場所空白地域の解消に向けて
 私は、そのことをふまえ、改めて居場所の重要性についての認識をまず聞きました。青少年対策担当部長は、「身近な地域で自宅以外に安心して通える居場所があることが重要」と答弁。そうであれば、空白の地域の解消が課題になります。
 東京都としての目標をもって市区町村に働きかけをしてほしい、と求めたところ、市区町村が居場所を立ち上げる場合の財政支援や研修、新規団体の募集などを引き続きおこなうとの答弁。実際には、自宅を開放して居場所にしていたり、さまざまな努力があります。そうしたことの把握や支援の重要性を訴えました。

国に情報提供を求めてほしい
 また、来年度は内閣府がひきこもりの長期化、高齢化の調査をおこないます。都としても、国に対し情報提供を求めてほしいと要請しました。こうした調査をどう分析していくかは、都や市区町村の支援のあり方を考える上でとても重要です。

一人ひとりの違いに寄り添って
 私は、「ひきこもり」とひとことで言っても、一人ひとり違うということがとても重要だと思います。長期化、といってもいつからひきこもりになったのかはそれぞれ。また、自室にこもる方もいれば、買い物には行くという人もいる。もちろん、きっかけも違います。そこに寄り添う、息の長い支援が必要です。

社会参加や自立の中身は人それぞれ
 そして…みなさん自分を責めています。でもいろんな歩みがあっていいんだ、ということをもっと大事にしたい。ですから、答弁のなかで「早期の社会参加を後押し」とか「自立に向けて」という表現がありましたが、私はもっと深めていく必要があるのでは、と感じました。
 私は、こうした問題を考えるとき、いつも、「障害者自立支援法」のことを思い出します。「すべて介助なしには暮らせない私は、自立していない人間ということでしょうか」とストレッチャーの上から訴えた女性の姿が忘れられません。
 社会参加の仕方、自立の中身は人それぞれです。それを認め合うことが大事ではないでしょうか。

日本社会の在り方にも目を向けて

 そして、不登校問題でも、ひきこもり問題でも、いつも当事者の問題にされがちですが、やさしさのない、やり直しがしにくい、今の日本社会自体のあり方をもっと考えあいたいと強く思います。


都議会総務委員会で質問
b0190576_14262059.jpg
撮影:長島可純さん ↑
SNS以外への無断転載はお控えください


満開の桜
b0190576_14262494.jpg
b0190576_14262620.jpg




by hara-noriko | 2018-03-27 14:27 | 都議会 | Comments(0)

<< 都議会総務委員会の質問から(5) 都議会総務委員会の質問から(3) >>