9月議会で質します 築地市場の豊洲移転   

「豊洲新市場」を内覧
 小池都知事は、「豊洲新市場」の安全宣言をおこない、その後、農水省が開場の認可書を交付。そして、9月13日、内覧会・開場の記念式典が行われました。日本共産党都議団は、式典には出席せず、内覧をしました。1時間半以上かけて全体を見ました。

使い勝手の悪さ、土壌汚染…
 実際に、歩いてみると、関係者の方々が指摘している、使い勝手の問題をはじめ、さまざまな課題が実感できます。また、地下の土壌汚染の問題が、なんら解決されていないことの重大さを改めて、考えさせられました。このまま進めてしまうことを、仕方がない、とはとてもいえないです。

言葉を失う
 見学コースには、何枚か、市場の歴史の写真が飾られ、築地のセリの様子などの写真も。まさか、この数枚の写真が「築地を生かす」? 築地の歴史と培ってきた技術の何を学んだのでしょうか。悲しさと憤りで言葉を失いました。

築地の関係者は
 翌日、別件でお会いした方が、築地に働く方の関係者でした。「10月5日に築地から引っ越すようにいわれているが、たいへんだ。豊洲は、トラックを横づけして、サイドのドアを開けての荷おろしができず、後ろからしかできないので、いったいどのぐらい時間がかかるだろう」と。

9月26日に代表質問
 まもなく、都議会第3回定例会(9月議会)が始まります。まず、初日の19日は、知事の所信表明があります。そして、26日が代表質問です。共産党都議団は、知事の姿勢、豊洲への移転の問題点を厳しく質していきます。

「豊洲新市場」を内覧する共産党都議団
b0190576_02161934.jpg

築地市場の豊洲移転は中止するよう街頭でも訴えています
b0190576_02162453.jpg




by hara-noriko | 2018-09-15 02:16 | 都議選 | Comments(0)

<< しんかわ保育園の存続求めて緊急シンポ 素敵なつどいに参加して >>