消費税10%への増税をストップさせましょう   

 10月17日、東京・清瀬駅前で共産党清瀬市議団のみなさんと一緒に朝の宣伝をおこないました。そのなかで私は、「いま消費税を10%にしてはいけない」を一致点にして市民と野党が力を合わせましょう、と訴えました。主な内容を紹介します。

安倍首相 来年10月から10%に引き上げる、と

 安倍晋三首相は10月15日の臨時閣議で、来年2019年10月に消費税の税率を8%から10%へ引き上げる増税を予定通りに実施すると表明しました。とんでもないことではないでしょうか。いま、本当に暮らしが大変になっています。そういうなかで、もし消費税が10%になってしまったら、消費不況を深刻化させ、もっともっと格差が広がっていく、貧困も広がっていくことになるのは火をみるよりも明らかではないでしょうか。

「安倍政権のもとで消費税を上げてはいけない」を一致点に

 先日、西東京市の市民連合がおこなったイベントに参加しました。ここで、消費税についてどう考えるかが話し合われました。そのときに、「消費税そのものはなくすという立場には立っていないけれども、いま、安倍政権のもとで消費税10%はやってはいけない」と立憲民主党の方もいいました。私はこれは大事な一致点だと思いました。いま、安倍政権のもとで消費税を上げてはいけない。この一致点で野党も力を合わせて消費税10%をくい止めていく、このことが必要だと思います。
 私たち日本共産党は、消費税そのものが大問題であり、どんなに所得の低い人でも、また高い人でも、消費税は同じように負担がかかっていきますから、不公平な制度であると考えています。消費税はなくしていかなければいけないものだと思っています。でも、国民の多くの方が一致できるのは、「消費税をこれ以上、上げてはいけない」ということではないでしょうか。

社会保障は切り捨てられて…
 そういう話をしていますと、例えばスウェーデンなどでは消費税が高い、20%を超えているじゃないか、10%ぐらいたしたことはないのではないか、そういう声もたまに聞かれます。
スウェーデンなどは、みなさんご存知の通り、医療費やまた学費などもかからない、貯金などがなくても安心して老後も送れる、こういう国です。そういう福祉国家として国民のみなさんが育て上げてきています。
消費税はたしかに高いですが、実は所得税などはほとんどの人が払っていないという状況です。日本とはまったく違います。国の仕組み、税制の仕組みも違うなかで、消費税だけを比較することはできません。
 日本の場合、政府は、消費税を上げて社会保障に回すんだといってきました。でも、社会保障はどんどん切り捨てられてきています。それなのに、消費税をここで上げるということは絶対に許されないと私は思います。

来年の統一地方選・参院選で安倍政権に審判を
 消費税の増税をくい止めていく。このことも、4月に行われる統一地方選挙、そしてそれに続く参院選挙の大きな課題ではないでしょうか。毎日新聞が10月13~15日に実施した特別世論調査で、2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げの賛否を聞いたところ、「反対」は44%で「賛成」の35%を上回りました。いま消費税を上げるべきではないという人が多数というなかで、強行をさせてはいけないと思います。私たちの声が通る、当たり前の声が通る、そういう政治にしていくためにも、一日も早く安倍政権を倒していくことが必要ではないでしょうか。みなさんと一緒に力を合わせていきたいと思います。


清瀬市議団のみなさんと一緒に訴えました(清瀬駅前)
b0190576_00031084.jpg
b0190576_00032443.jpg
b0190576_00035537.jpg

(左から)佐々木あつ子市議、山崎美和市議、香川やすのり市議予定候補
深沢まさ子市議、原田ひろみ市議
b0190576_00040302.jpg



by hara-noriko | 2018-10-18 00:04 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 都議会総務委員会で質問します 子どもの力はすごい! >>