政治の責任かみしめて   

イリアンソスの「祝う会」に参加
 東久留米市にある社会福祉法人イリアンソスの「新入所者・新成人・還暦を祝う会」に出席しました(10月19日)。イリアンソスは、障害者の3つの生活介護施設、放課後デイ・日中一時支援、4つのグループホームを運営しています。
 今年は新入所者ひとり、新成人ふたり、還暦を迎えた方はひとり。保護者の方々も一緒に参加。そして、3つの生活介護施設の仲間の皆さんとスタッフがあつまり、お祝いと交流をします。来賓は、市障害福祉課長、学芸大・清瀬特別支援学校の先生方、市議会の代表、かるがも(放課後デイ、青年部)の職員の方、イリアンソスの後援会・家族会、そして私。

地域で育ち生きていく
 新しく入所したM君は、市立わかくさ学園(就学前の児童発達支援)の卒園児。「もう就労ですよ~」とお母さん。本当に月日がたつのは早い。でも、きっとたくさんの苦労もあったでしょう。とても素敵な青年に成長し、一緒に活動している仲間に声をかけられて本当に嬉しそうにしている姿に感動してしまいました。この地域で育ち、生きてゆけることの大事さ、その環境を守り充実させていく政治の責任をかみしめました。

自分らしく生きよう、と
 還暦を迎えたUさんに一緒に活動している仲間の代表が、「おめでとうございます」とスピーチ。理事長が、「俺も60歳だよ」というと、「いいよ」と手を振って理事長にはおめでとうをいわずにスピーチを終えると、みんな爆笑。その自然な雰囲気にほっとします。
 その理事長からUさんについて紹介がありました。もともとは入所施設にいたUさん。地域で暮らしたいと施設を出て、その後結婚し、2人のお子さんを産み、その後離婚。今も地域で暮らしながら、のぞみの家(イリアンソスの生活介護施設)でお仕事をしている。Uさんは自分でこうしたい、と思って生きてきた。みんな自分の人生を自分らしく生きていきましょう。…本当にそこが大事だなと思いました。

私もがんばろう
 この祝う会に出席していつも感じるのは、利用者のみなさんと職員・スタッフのみなさんが、本当に対等で、共に生きている、ということです。
 いま、障害福祉は新たな曲がり角にきています。グループホームの都加算の見直しや放課後デイサービスの問題など、障害福祉の後退になりかねない問題が起きています。障害者のみなさんの権利と生活を守ることを真ん中に、良心的な福祉施設が運営困難に陥らないようにする、職員のみなさんの処遇改善を進める。そのために私も頑張りたいと強く思います。

雪をかぶった富士山が見えました(10月21日)
東久留米駅の富士見テラスから
手前は赤く染まったハナミズキ

b0190576_13114578.jpg


落合川に冬鳥の姿が。ヒドリガモです(10月20日)

b0190576_13115304.jpg



by hara-noriko | 2018-10-21 13:13 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 楽しくおしゃべり 「カフェ竹丘」 都議会総務委員会で質問します >>