東京・清瀬市 「女性のつどい」から(3)   

 東京・清瀬市で開かれた「女性のつどい」(12月22日)。会場いっぱいの参加者を前に、4人の市議と予定候補が自分自身のことを紹介しながら決意を語りました。3回目は、深沢まさ子市議です。

深沢まさ子市議の思い

4期目に挑戦
 4期目をめざします。
 31歳で市議になり、3期目が終わろうとしています。私は学童保育や障害者施設で働いていたものですから、Tシャツ、短パン、ジーンズ、ジャージの生活をおくっていました。今思えば、スーツを選ぶところから始まりました。みなさんにお店まで付き合っていただいて、「スカーフはこう巻くのよ」ということも教えてもらいました。いろいろ支えていただきました。

女性というだけで差別される社会を変えたい
 政治に関心をもったのは、社会事業大学で福祉を学んだことでした。実習先で、女性の保護施設(民間のシェルター)に行きました。女性が女性であることだけで差別される社会を変えていきたい、というのが政治家としての原点です。これを大事に12年間、市民のみなさんの声を市政に届ける努力をしてきました。男女平等の事業のことは欠かさず取り上げるようにしています。

男女平等推進条例を小学生にもわかるように
 「女性が輝く」という名ばかりの安倍政治ではなくて、女性だからと入試で差別されたり、「LGBTの人には生産性がない」といった自民党衆院議員がいたりして、まだまだ差別があります。だから、そこを変えたい。
 「男女平等推進条例を小学生にもわかるようにガイドブックをつくりましょう」という市民のみなさんの呼びかけで作られたガイドブックがあります。それに私もかかわらせてもらいました。小学5年生に配られています。ガイドブックを使って授業している学校もあります。
 この清瀬で、女性の力をもっと集めて、政治を変える力にしていきたいな、と思っています。

バランスのいい議員団
 こんど佐々木あつ子さんが6期目です。原田ひろみさんが5期目、私が4期目、山崎美和さんが2期目。そして新人の香川やすのりさん。本当にバランスのいい議員団になります。一人も欠けずに一緒に活動できるように、押し上げてください。


決意を語る深沢まさ子市議
b0190576_18194874.jpg
b0190576_18195298.jpg

吉良よし子参院議員が参加して共産党の前進を訴えました
b0190576_18195561.jpg

私も「みなさんと一緒にがんばる」と話しました
b0190576_18195914.jpg

市政に挑戦する5人(9月に撮影)
(左から)佐々木あつ子市議、山崎美和市議、
香川やすのり予定候補、深沢まさ子市議、原田ひろみ市議
b0190576_18214190.jpg




by hara-noriko | 2018-12-28 18:38 | 市政報告 | Comments(0)

<< 東京・清瀬市 「女性のつどい」... 東京・清瀬市 「女性のつどい」... >>