2019年 みんなで良い年にしましょう   

辺野古の海への土砂投入を止めたい
沖縄のあきらめない運動に連帯
 2019年が明けました。みなさん、どのような思いで新年を迎えられましたか?
 私は、沖縄の辺野古の海に土砂が投入されている…この事態になんとしてもストップをかけなければならない、と強く思って新年を迎えました。あの美しい海をこわすこと、しかも民意をふみにじっての行為…。これを許してしまうことは、民主主義を投げ捨ててしまうことになる。あきらめない沖縄のみなさんの運動に学び、連帯し、とりくんでいきたいです。

17万筆超えたネット署名

 このなかで、ホワイトハウスに向けて、県民投票まで土砂投入の作業の停止を求めるネット署名が広がっており、17万筆を超えた(年末時点)ことは大きな希望です。立場の違いをこえて広がっています。

あたりまえの声が通る政治に
 すると今度は、芸能人が政治的な発言をすべきではない、というようなバッシングが出てくる。政治は、私たちの日常のくらしそのもの。米軍基地にかかわることは沖縄の人たちの日々のくらしであり、私たち日本に住むすべての人の平和にかかわる問題です。おかしいことをおかしいという、海を守りたいという、平和を守りたいという…。あたりまえのことをいえる、あたりまえの声が通る政治にしていかなければならない、とつくづく思います。

学校体育館へのエアコン設置
市民の声と党市議団・都議団の連携で前進
 昨年は、市民のみなさんと力を合わせ、国政・都政・市政連携してのとりくみをすすめるなかで、小中学校体育館へのエアコン設置に東京都の補助が実現するなど、大事な前進がありました。
 「孫が体育館での始業式で、熱中症で倒れた」「避難所にもなる体育館にエアコンを」などの声が地域からも寄せられました。共産党清瀬・東久留米両市議団はじめ、全都の区市町村議員団は、ねばりづよく議会でとりあげ続け、そこに学んで共産党都議団も条例提案を行いました。他の政党は賛成しませんでしたが、都補助の実現へつながりました。さらに連携を強め、私も都議団の一員として役割を果たしていきたいと思います。

政治を変えるチャンス

 今年は、統一地方選挙、参院選があります。草の根から政治を変えていく。市民と野党の共同で、安倍政権を退場させる流れをつくる。絶好のチャンスです。共産党は、市民の立場に立って、野党共闘が進むように役割を果たしていきます。その共産党へのお力添えをお願いします。私も全力を尽くす決意です。良い年にしましょう!


2019年 元旦に飛ぶコサギの群れ
b0190576_08501774.jpg

初日の出(東京都東久留米市の黒目川から)
b0190576_08502115.jpg

宮本徹衆院議員、東久留米市議団と一緒に宣伝(昨年末)
(左から)永田まさ子市議、村山順次郎市議、
原のり子、宮本徹衆院議員、
篠原重信市議、北村りゅうた市議
b0190576_08502538.jpg
声援もいただきました
b0190576_08503689.jpg





by hara-noriko | 2019-01-01 08:51 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 新春 初宣伝と初街宣 東京・清瀬市 「女性のつどい」... >>