すてきな成人式(上)   

東久留米市手をつなぐ親の会の「祝う会」
 ふたつの素敵な成人式に出席しました。
 1つは、1月19日、東京・東久留米市手をつなぐ親の会の「新成人と新年を祝う会」です。共産党市議団4人全員も参加しました。

胸を打たれ、考えさせられた

政治の役割が求められている
 4人の新成人、そして2人の2度めの成人。会長のあいさつとご家族のことばに胸を打たれ、考えさせられました。そこに大事なことがすべて表現されていると思いました。
 ある新成人の方のお兄さんは、「親がいなくなったときのことが心配だ」と。またある新成人の方の親御さんは、「地域で迷惑をかけることがあるかもしれないけど、尻拭いは自分達がやるので、息子にはどんどん地域に出ていって成長してほしい」。40歳の方の親御さんは、「だんだんと病院に行くことも増えてきている」。…政治の役割が求められていると痛感しました。

私もがんばる
 地域全体の意識啓発のために、障害者権利条約にたち、障害者差別解消法にもとづく東京都の条例を生かし、合理的配慮を徹底していくこと。親亡き後を心配しなくてもいいように、グループホームなどをふやしていくこと。安心して病院にかかれるように医療費助成を拡充していくこと…など、力を入れていく必要があります。頑張りたいと思います。

【私のお祝いの言葉(要旨)】

 成人の日を迎えられた4人の方、2度目の成人を迎えられた2人の方、本当におめでとうございます。また、ご家族のみなさん、一緒に働いたり活動している仲間のみなさん、スタッフのみなさんにも心からお祝い申し上げます。

 会長、ご家族のみなさんのお話のなかに、大事なことはすべて表現されていると思いました。そこにこたえるのが政治の役割だと感じています。

 昨年は、障害者雇用の水増し、という問題がおきました、障害のある方たちを、官公庁や自治体でも積極的に採用していくとしながら、実際には多く採用しているように偽装していた。障害者の働く場をうばい、尊厳を傷つけた、本当に許されないことです。

 東京都ではいわゆる水増しはありませんでした。しかし、都庁における障害者の採用試験では、身体障害者と精神障害者の方は採用されていますが、知的障害の方の採用はゼロです。試験は受けられるとしながら、実際には、合理的配慮がないために合格者が出ないのです。

 一人ひとりの特性に応じた働ける場をつくることが本当に大事です。また、みなさんのお話にあった福祉作業所でのお仕事をはじめ、さまざまな場をつくり応援していくことが大事です。同時に、「働かざるもの食うべからず」的な発想になっても困ります。誰もが安心して自分の力を発揮し、自分らしく生きてゆけることを大事にされなければいけないし、そこに政治の役割があると思います。

 手をつなぐ親の会のみなさんは、ずっと子どもの成長とともに運動を続けられてきています。心から敬意を表するとともに、私も都政の場からできることをしっかりやっていきたいと改めて思っています。
 みなさんのますますのご活躍を心から期待しお祝いの言葉とします。


手をつなぐ親の会の「新成人と新年を祝う会」
私もお話しさせていただきました
b0190576_02441324.jpg
東久留米駅から見た朝焼けの富士山
b0190576_02550344.jpg











by hara-noriko | 2019-01-21 02:44 | 活動日誌 | Comments(0)

<< すてきな成人式(下) 今年を平和の年に >>