東日本大震災から8年   

「過去のこと」にできない日
 3月11日。東日本大震災から8年。改めて、犠牲になられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災者のみなさんにお見舞い申し上げます。
 前日の10日は、74年前に東京大空襲があり、10万人の命が奪われた日。両日とも、決して忘れてはならない日。そして、「過去のこと」にできない日。命を大事にする政治へ転換していきたい。その思いをさらに強くしています。

フラッシュフォワード
 福島では、原発事故により、「フラッシュフォワード」とよばれる、過去からも未来からも攻撃される二重の苦しみが深刻だと、テレビ番組での特集を観ました。将来への不安のなかで希望ももてず、免疫力も低下して病気になって亡くなっていく…。こういう被災者の方々が多くいらっしゃる、と。

リロケーションダメージ
 また、引っ越しが続く中での「リロケーションダメージ」。人間関係を絶たれ、大きなストレスを抱え、深刻なうつ病になるケースもあるという。自主避難をしている人は、「放射能への過剰反応」「神経質」などといわれるなどの無理解により、二重三重に孤独を抱えているケースも少なくない。避難した人も、残った人も、みんなが傷ついている。本当に想像しただけで辛すぎる。それが今も続いている…。

もっとやれることをやらなければ…
 それなのに、国も県も東電も支援の打ち切りを進めていることは本当に許せないです。東京・東久留米市に自主避難されてきた方々のご苦労も目の当たりにしてきました。都議会で、避難者への支援を求めて質問もしましたが、これでは足りない。もっとやれることをやらなければ、という気持ちでいっぱいです。福島出身のいわぶち友参院議員の質問に背中を押されます。
 いよいよ、統一地方選挙と参院選。希望をもてる政治に変えましょう!政治を変える力は、一人ひとりの判断。力をあわせてがんばります。

白梅

b0190576_10040163.jpg
b0190576_10040592.jpg


by hara-noriko | 2019-03-12 10:04 | 日記 | Comments(0)

<< 都議会 総務委員会の質疑から 都知事の公約違反 引き続き追及 >>