清瀬 佐々木あつ子市議の事務所開きへ   

市長予定候補 池田いづみさんも駆けつけて
 3月31日、東京・清瀬市で行われた佐々木あつ子市議(現在5期目)の事務所びらきへ。古い民家の事務所に続々と。電動車いすで駆け付けてくださった方に、大変でしたね、と声をかけると、「なんでもないよ。あっちゃんには、さんざん世話になってきたんだから」と。家の中に電動車いすが入らないので、周りの人たちがその方を抱えて室内の椅子に。立ち見の方、外で聞いてくださった方たちも。市長予定候補の池田いづみさんも駆け付けてくださった。

佐々木さんへの信頼の深さに感動
 チューリップの絵とことばを絵手紙にかいてきてくださった方も。「あなたが好き あなたのやさしさが好き あなたのつよさが好き あなたの笑顔が好き 佐々木あつ子さんを応援します…」と。ああ、本当に佐々木さんそのものだなあ、とじーんときてしまいました。何人も、涙を拭いている方が。やさしく、懐の深い佐々木さんへの信頼の深さに感動します。佐々木さん自身も、みんなの思いにぐっときている様子。私も、佐々木さんへの信頼と尊敬、そして、連携してとりくんでいること、などを話しました。

佐々木あつ子市議の決意
「どうしても5人の議員団にしたい」
 そして、佐々木さんの決意表明。「だんだんと次の世代を育てなければならない年齢になってきた。でも、今回、どうしても5人の議員団にすることに自分の責任がある、と決意した」と。胸を打たれます。

畜産農家のがんばり
「都市農業を守るとりくみをいっそう強めたい」と

 また、清瀬には畜産農家(乳牛飼養)も6軒あり、厳しいなか農業者の方々ががんばって農業を続けていることにも触れ、都市農業を守るとりくみをいっそう強めたいと。市内のさまざまな市民に思いを寄せてとりくむ佐々木さんの姿勢が伝わってきます。

市長も議会も変えて、くらし優先の市政に
 市政は市民が主人公。そして市長と市議会は車の両輪。市長も市議会も変えて、くらし優先の市政に、という思いでいっぱいのあたたかい素敵な事務所びらきになりました。


決意を語る佐々木あつ子市議(中央)
b0190576_09110016.jpg
ステキな絵手紙が紹介されて
b0190576_09110552.jpg
池田いづみ市長予定候補が市政転換の思いをスピーチ
b0190576_09110909.jpg
3人でがっちり握手
(右から)池田いづみ市長予定候補、佐々木あつ子市議、原のり子
b0190576_09111383.jpg
事務所の庭で
b0190576_09112017.jpg
b0190576_09112419.jpg
市政を変える日本共産党の5人
(右から)香川やすのり市議予定候補、山崎美和市議
深沢まさ子市議、原田ひろみ市議、佐々木あつ子市議
b0190576_09113559.jpg



by hara-noriko | 2019-04-03 09:12 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 東久留米 永田まさ子市議の事務所開き 都議会 第1回定例会を終わって >>