9年越しの願い実る   

東京・東久留米市の下里本邑通り
コカ・コーラ工場近くに横断歩道設置へ
 本当にうれしい! 東久留米市の下里本邑(しもさとほんむら)通り、コカ・コーラ工場近くに、今年度中に横断歩道が設置されることがわかりました。東久留米市議会6月議会でおこなった北村りゅうた市議の一般質問に答えたものです。

請願が採択されたのは2010年

 地域のみなさんが請願を出したのは9年前の2010年3月議会。「下里本邑通り沿いの八幡町1丁目に横断歩道と信号機の設置を求める請願」。全会一致で採択されています。当時、市議だった私も紹介議員でした。質問でもとりくみました。

車の交通量が増えた場所
信号のない道路を横切るのは危険
 ここは、2009年に大型ショッピングセンターも開店し、車の交通量も増えた場所です。八幡町側から駅に行くバスに乗ろうと思っても、久留米西高南交差点から野火止1丁目交差点までの間に横断歩道がなく、信号のない道路を横切る方が多く、たいへん危険だと住民のみなさんが指摘していました。

継続して働きかけて
 市側も、当初から必要性は認め、警察に設置要望を毎年おこなっていました。警察でも東京都公安委員会に上申もしていると2015年の一般質問で確認しました。が、なかなか実現せず…。でも住民のみなさんはあきらめず、途中経過を教えてほしいといつも声をかけてくださり、私たちも継続して働きかけてきました。

市議選後、初の議会
北村りゅうた市議が質問
 そうしたなか、市議選後最初の議会で北村さんが、地域のみなさんの声を改めて質問。そして、今年度中に横断歩道が設置される見込みであることが答弁されました! 本当にうれしい! さらに、北村さんは、信号設置の必要性もしっかり訴えました。

あらためて現地調査
やはり信号機は必要
 そして早速、北村市議と一緒に、あらためての現地調査へ。近隣の方も出てきてくださって、どのあたりに横断歩道があればいいか、など話しながら歩きました。「道幅が広いので、年をとってくると、渡りきるまでに時間がかかると思う」「車がスピードを出しているから、横断歩道をわたるタイミングが心配」などの声も。やはり、信号設置は必要だと思いました。
 一日も早く、横断歩道と信号が設置され、安全な道路になるように、引き続き働きかけていきます!


地域の方たちと一緒に現地調査
左から2人目が北村りゅうた市議
b0190576_23531097.jpg
意見を出し合いながら
b0190576_23531359.jpg
b0190576_23531945.jpg




by hara-noriko | 2019-06-27 23:53 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 考えさせられたこと 参院選で希望ある政治をつくりましょう >>