考えさせられたこと   

東久留米市シルバー人材センターの総会に出席
状況が大きく変わってきている、と
 6月27日、東久留米市シルバー人材センターの第9回定時総会に出席しました。会長のごあいさつでは、シルバー人材センターをとりまく状況が大きく変わってきていることが話されました。
 …以前は、会員になった方が仕事に就けるように、新しい仕事を開拓するために大変だった。でも今は、仕事はあっても人がうまらないという状況になっている。国の政策の変更のなかで、定年退職後、就労を続ける人もいる。会員をやめて他へ就労する人もいる。また、安全に仕事をしていくという点でも課題がある。熱中症や車の運転など、新たな対策が必要になっている。…

生きがいや地域社会への貢献のために

 考えさせられました。シルバー人材センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」にもとづき、高齢者が働くことを通じて、生きがいを得るとともに、地域社会の活性化に貢献する組織です。長い間、仕事や地域で貢献してきた方々が、現役引退後も、培ってきた力を発揮していく。それぞれのペースで生きがいをもって仕事を続けたり、社会参加をしていく組織です。でも、「もっとお金になることをやらないと生きていけない」という声もうかがったことがあります。

年金だけでは老後資金2000万円不足
改めて、こんな政治を変えていきたいと…
 「厚生年金だけでは老後資金が2000万円不足する」とした金融庁の審議会報告書、マクロ経済スライドにより7兆円規模で年金が削減されることを認めた安倍首相の発言…。こういう政治を変えていかないといけない、と改めて思いました。高齢者の方々が、経済的な不安が動機ではなく、自らの生きがいのために安心して働ける環境づくりを進めたいです。

私のあいさつから
みなさんの活動から学び、応援したい
 私は、会長あいさつで指摘されたことに触れたうえで、ひとこと、以下のようなお祝いのあいさつをしました。
 …シルバー人材センターのみなさんは、公共的な大事な仕事も担当いただいたり、また、私たち市民の日々の暮らしの中で必要なサービスを担ってくださったり、本当にありがとうございます。長年の経験と熟達した技能や見識があってこその丁寧なお仕事は、どの分野でも実感しています。
 たとえば、木の剪定などでも、ただ切ればいいというのではなく、あとあとのことまで考えて、助言もしてくださる。子どもたちの学習支援でも、シルバーの人たちはやさしい、と子どもや親からも評価が高い。そうしたみなさんの活動から学び、応援していくのが私たちの役割だと今日、改めて思っています。
 どうか、これからもますますお元気でご活躍されますように、また、シルバー人材センターがさらに発展することを祈念して、お祝いのごあいさつといたします。

ネムの花
b0190576_23114216.jpg
b0190576_23114682.jpg




by hara-noriko | 2019-06-28 23:12 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 「市民パレード」で切実な訴えが 9年越しの願い実る >>