「市民パレード」でスピーチしました   

 6月29日、東京・東久留米市でおこなわれた市民パレード。私もひとことスピーチしました。

 まずいちばん話したかったのは、このパレードを市民のみなさんがずっと積み重ねてくださり、広く市民に呼びかけるだけでなく、私たち議員にも声をかけつづけてくれていることです。だから、毎回、超党派の議員が参加しています。この意義は本当に大きいということです。みなさんのとりくみに心から敬意を表します。こうした草の根のとりくみの積み重ねが、参院選での野党共闘にも結びついています。

 先程、市民の方から、「投票に行こう」というお話もありました。本当に大事です。今回、市民連合が中心になってまとめられた共通政策は、画期的なものになりました。とくに9条を守るということが一致点になったことは本当に嬉しかったです。市民と野党の共同が大きく前進しています。

 都議会でもこうしたとりくみのなかで共同を強める努力をしていきたい。先日、共産党都議団として、私が所属している総務委員会で、アメリカの臨界前核実験に抗議する決議をあげましょう、と各会派によびかけました。生活者ネットの方は共同提案者になってくださいましたが、残念ながら委員会の理事会で調整がつかず、委員会に提出できないという結果になってしまいました。都議会では、委員会理事会(非公開)で全員が一致すると、意見書や決議をあげられるということになっています。理事会は公開すべきですし、また、決議や意見書は理事会にはからなくても委員会で審議するようにすべきだと私は思います。
 平和を守るあたりまえの声が通る都議会にしていくために、努力をしていきたいと思います。

【関連記事】
「市民パレード」で切実な訴えが


市役所前の集会でスピーチ
(左から)宮本徹衆院議員、村山順次郎市議、
原のり子、北村りゅうた市議
b0190576_12335782.jpg
市役所周辺をパレード
b0190576_12340078.jpg





by hara-noriko | 2019-07-03 12:34 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 参院選スタート 私の訴え 「市民パレード」で切実な訴えが >>