参院選 私の最後の訴えです   

かけがえのない吉良よし子さんの議席
 これまでのブログでも書きましたが、ブラックな問題と対決する吉良よし子さん(東京選挙区)を何としても、と今日の最後のスピーチでも訴えました。そして、さらにどうしても伝えたいことを最後の最後に述べました。次のような主旨でスピーチしました。

ことばのない赤ちゃんにも意見表明権はある、と

 以前、とことん共産党だったと思いますが、吉良さんが出演したとき、子どもの権利について話していました。吉良さんは、子どもの権利条約に位置付けられている子どもの意見表明権について、ことばのない赤ちゃんにも意見表明権はあるということを一生懸命話していました。本当にその通りです。泣いたり、笑ったり、むずかったり…。それが赤ちゃんの意思表示、意見表明です。それを、大人が、社会がしっかり受け止めていくことが重要です。

子どもたちの思いを受け止める吉良さん

 私は、いま、国会でブラック校則の問題、選挙権のない子どもたちの思いもしっかり受け止めてとりくむ吉良さんの根幹には、このことがしっかりすえられている、子どもたちには意見表明権があり、それをしっかり受け止めることの重要性を本当によくわかっているのだと思います。

絶対に失うわけにはいきません

 ブラック校則の問題で、高校生が声をあげることによって政治を動かしている。でもその声をしっかり受け止める議員がいることが欠かせません。吉良さんの議席は本当にかけがえのない議席で、絶対に失うわけにはいきません。
 19日付、20日付の「しんぶん赤旗」に掲載されたブラック校則の記事の最後にも、吉良さんのとりくみについて触れています。ぜひごらんください。

比例は共産党へ
 そして、国会議員団、都議団、市議団と連携して、子どもたちの声を受け止めてとりくんでいるのが共産党です。この党を比例でおおきく伸ばしてください。

最後の訴えをする比例候補の小池晃書記局長(左)と
東京選挙区の吉良よし子候補(東京・新宿駅前)
b0190576_00034359.jpg
b0190576_23404885.jpg
(撮影:長島可純 ↑ 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)




by hara-noriko | 2019-07-20 23:41 | 選挙 | Comments(0)

<< 改憲派「3分の2」を阻止した参院選挙 あなたの1票が政治を変えます >>