小中学校の体育館 エアコン設置が前進!   

市議団と都議団が連携
 命に危険を及ぼすほどの猛暑。子どもたちの教育の場であり、避難所にもなる小中学校体育館へのエアコン設置を急ごう、と地域のみなさん、市議団と連携し都議団としてもとりくみをすすめてきました。都議会でもいち早く知事に申し入れ、質問もつみかさね、条例提案もおこなってきました。東京都の補助制度を活用し、2021年度までに20区10市が全校設置の見込みです。

東久留米市では
 東久留米市では、中学校全校の体育館への設置計画書を都に提出しました。つい最近まで、共産党市議団が体育館への設置の質問をしたときには、野次を飛ばしていた議員もいる状況でしたが、ようやく実現に向けて前進することになりました。ただ、小学校は先送りになっています。

清瀬市では
 また、清瀬市では、共産党の質問に、必要性は認め設置していく場合は全校に、と答弁するものの、残念ながら計画化されていません。

多摩格差解消へ
急がれる都の補助制度拡充
 やはり、この問題でも多摩格差が歴然としています。清瀬、東久留米はじめ、多摩地域でエアコン設置を急ぐためには、都補助の期間延長(今は2021年度まで)、補助制度の拡充、市町村総合交付金の増額などを進めていく必要があります。引き続きとりくんでいきます。

「東京民報」8月25日号でエアコン設置を報道
私の談話も掲載されています


毎週土曜日の定例宣伝(東京・東久留米駅西口)
たくさんの方から声をかけていただきました
マイクを持つのは宮本徹衆院議員
b0190576_13534269.jpg
b0190576_13534682.jpg
b0190576_13535003.jpg
訴える北村りゅうた市議
b0190576_13535986.jpg




by hara-noriko | 2019-08-25 13:54 | 東京都政 | Comments(0)

<< 同性パートナーの均等待遇実現を 平和祈念フェスタin清瀬2019 >>