応援メッセージ(2)清瀬市 後藤貴代美さん   

 5月23日、新しくオープンした原のり子事務所の「オンライン事務所開き」を開催しました。たくさんの方から応援のスピーチやメッセージをいただきました。順次、紹介しています。今回は、清瀬市の後藤貴代美さんのメッセージです。後藤さんは、「事務所開き」に参加される予定でしたが、所用のため参加できなくなりました。あらかじめ用意してあった原稿が紹介されました。

【清瀬市 後藤貴代美さん】

 本日は原のり子さんに再度都議会議員として活躍していただきたく微力ながら応援に参りました。

 私には知的障害と自閉症を合わせもつ48歳の息子がおります。現在一般就労しながらグループホームを利用し、週3日ほど自宅に帰って参ります。
 私にとりましてはここまで息子が成長できたのは奇跡のように思います。
 ハードルの高かった小学校時代の集団生活から始まり、一番の出会いは特別支援学校高等部に入学した時の清瀬わかば会との出会いです。そこには、わが子の障害を受け入れて前向きに活動している仲間と親の方々の姿がありました。ここではじめて地域で生きていけるという希望がわきました。

 その後小さな障害児学童クラブからはじまり、作業所もグループホームもできました。
 この間30年、本当に多くの方々のお世話になりました。時間の経過とともにいろいろな問題が発生しました。障害者の医療費負担(愛の手帳3・4度は3割負担)、これは、何とかならないか? 親は高齢となり負担が大きく真剣に取りくむことになりました。そんなとき、原さんに出会うことになりました。原さんは、私たちの課題に心から力をお貸しくださいました。その結果、障害者医療費助成制度の拡充は都議会で全会一致で継続審議になりました。
 その節は本当にありがとうございました。
 この制度の拡充のためには何としても私達の思いを伝えて下さる原さんの議席が必要だと思います。

 そして今、私が最も深刻に考えていることは、親亡きあとのことです。グループホームはできました。そこでの生活はけっこう快適で、家でもグループホームの話をしてくれます。でもそれは親という受け皿があっての現在で、もし親がいなくなったらと思うと、考えただけで息子を思い涙が出てくる弱い母親です。しかし、ここを深く考えますと、息子の無理難題や不安定な気持ちを分かって受け入れてくださる人が一人でも多くいてくださることが、親亡き後の息子の生活につながってくるとの思いにたどりつきました。それはグループホームの世話人さんにお願いするしかありません。

 いま、求人難である福祉にたずさわる方々の生活が保障され、一人でも多くの方たちが福祉の仕事についてくださることが私どものこれからの安心につながります。
 こんな自分勝手な親の立場を理解していただき、都政の一環の仕事としてとり上げていただきたくお願いと同時に、応援に参りました。

【関連記事】
応援スピーチ(1)社民党 東久留米市議 青木ゆうすけさん
応援スピーチ(2)清瀬市の無所属市議 布施由女さん
応援スピーチ(3)清瀬市 佐藤良太さん LGBTqコミュニティの代表
応援スピーチ(4)「わた原ずっと応援隊」の相川知雄さん
応援スピーチ(5)しんかわ保育園OB 鎌塚由美さん
応援メッセージ(1)農業・農民後援会 藤原あさこさん

ツバメの子育て
応援メッセージ(2)清瀬市 後藤貴代美さん_b0190576_22241925.jpg


【新しい原のり子事務所(滝山東交差点付近)】
東京都東久留米市前沢3の8の12
東亜グリーンハイツ105
電話 042(470)0234
事務所は小金井街道沿いにあるビルの1階です。
駐輪場もあります。

主なバス路線
東久留米駅西口発 武蔵小金井行きバス 「前沢住宅」下車
清瀬駅南口発   武蔵小金井行きバス 「前沢住宅」下車

【これまでの原のり子事務所(東久留米市幸町)も機能しています】
コロナの相談などはこちらへ

電話・ファクス 042(476)2544
共産党北多摩北部地区委員会でも受付中
電話 042(391)4139


by hara-noriko | 2021-06-02 22:24 | 都議選 | Comments(0)

<< 都議会 総務委員会で質問 応援メッセージ(1)農業・農民... >>