公約実現へ 思い伝える   

共産党清瀬市議団 駅前で選挙結果を報告

 清瀬市長選・市議補欠選挙(4月3日投開票)が終わり、翌日から、日本共産党清瀬市議団は、結果の報告や公約実現への思いをみなさんにお伝えしています。私も、月曜日と火曜日の朝、みなさんと一緒に駅前に立ちました。何人もの人が、「おめでとう」「がんばって」と、藤本いせ子新市議に声をかけていきます。

池田いづみさんのグループも要求プラスター掲げて

 市長候補としてたたかった池田いづみさんの「みんなが主役市民の会~夢をカタチに」のみなさんも、要求プラスターを掲げて立たれていました。市民運動を継続していくその姿勢に胸を打たれます。これからも力をあわせていきたいです。

藤本いせ子新市議 「戦争は絶対だめ」

 藤本いせ子新市議は、「私が今回立候補した最大の理由は、平和を守らなければという思いです。教え子を再び戦場に送らないという先輩教員たちのバトンを受け継いだひとりの教師として、とりくんできました。ウクライナの子どもたちに笑顔と平和を取り戻したい。ウクライナの状況を見ている日本の子どもたちもどんなに心配しているか。戦争だけは絶対だめです。憲法9条をもつ国の私たちがもっと声をあげましょう」とスピーチ。戦争か平和か、という状況のなかで、いせ子先生の訴えが胸に響きます。

パワーアップした共産党清瀬市議団

 6人の議員となり、ますますパワーアップした共産党清瀬市議団! 市民の声が届く市政にしていくため、私も連携してがんばります。

夏の参院選 共産党躍進へ全力

 そして、夏の参院選で、野党共闘を強めながら、共産党の躍進と山添拓参院議員を押し上げて、平和と命を守る政治の実現へ全力を尽くします。

6人になった共産党清瀬市議団
(左から)香川やすのり市議、山崎美和市議、
佐々木あつ子市議、藤本いせ子市議、
深沢まさ子市議、原田ひろみ市議
公約実現へ 思い伝える_b0190576_20153115.jpg
市長候補としてたたかった池田いづみさん(前列左)を囲んで
池田さんの右隣は藤本いせ子新市議
公約実現へ 思い伝える_b0190576_20153553.jpg




by hara-noriko | 2022-04-05 20:16 | 選挙 | Comments(0)

<< 総務委員会質問(3)市町村総合... 清瀬市長選・市議補選が終わりました >>