都政報告懇談から(9)今後に向けた取り組み   

都政報告懇談会
都議2期目も折り返し、前期の活動を振り返りながら

 都政報告懇談会(7月9日)の内容をお知らせしています。今年の7月は、都議2期目4年間の折り返しにあたります。2年間の活動を振り返りながら、都政の課題や成果、今後の取り組みなどについて報告しました。9回目は、今後に向けた取り組みです。

今後に向けて
重点的に前にすすめたいこと


 今後に向けて、これからの2年間、特に重点的に前にすすめなければいけないと思っている項目を紹介してみます。

障害者医療費助成の拡充
シルバーパスの改善


 障害者医療費助成の拡充は、先ほど述べた通り、これからの2年間が本当に大事です。それからシルバーパスの改善です。これも最初に都議選に出るときから、たくさんの要望が寄せられています。前期は、東京都がアンケートをとるなどの動きがありましたが、いよいよ具体的に改善を進めたいです。

シルバーパスの改善(1)
3000円のパスをつくる 対象は約20万人


 シルバーパスの改善については、9月に予定されている都議会第3会の定例会に条例提案をおこないます。1000円か2万510円しかないシルバーパスを改善する。まず3000円のパスをつくろう、と。所得が135万円から210万円以下の方が3000円の対象になります。そうすると20万人ぐらいの方が対象になるんですね。シルバーパスの改善は、市長会も要望を出しています。今年度の予算要望で、中間的なパスの設定をしてほしいということで重点要望にあげています。

シルバーパスの改善(2)
都県境でも使えるように


 シルバーパスを都県境でも使えるようにしたい。東京都内のバス停から乗って、降りるところが埼玉県だったりすると、パスが使えない。これを降りる方か、乗る方かどっちかが東京だったらパスを使えるようにする。私たち改善の提案をしているんですね。
 こうした改善をぜひ実らせたい。他の会派の賛同も得て、条例改正案を成立させたいと思っています。もし否決されても、また出します。あと2年間あるので、まだまだチャンスはあります。

多摩地域に保健所を増やす
都の姿勢を変える取り組みに


 足りない保健所を増やす。東京都は「あり方検討会」をつくったんですけれども、検討会の状況をみましたら、増設しない方向への議論をすすめようとしているということがわかり、運動していかなければいけないと思っています。7月26日には、「多摩地域に保健所を」ということで、大規模な集会もやられると聞きましたので、私たちも参加していきたいと思っています。

多摩北部医療センターの充実
子どもの医療費無料化、給食費無償化


 多摩北部医療センターの充実、子どもの医療費無料化、給食費無償化…。清瀬・東久留米市議団とも連携しながら取り組んでいますが、これは必ず前に動かせると確信しながら運動しているところです。

補聴器への補助拡充へ
ますます声をあげていきましょう

 補聴器の補助を市がやりますといった場合に、補助率が都と市で2分の1ずつなんですよね。都の補助率を上げてほしい、ということを市長会も重点要望で出していますので、これはすごく追い風だなと思っていて、補聴器補助を拡充させていきたいと思っています。
 東京都は、市町村に話を聞いていくといっているんです。そのときに、うちの地域では特に要望ありませんよ、なんていうことにならないように、ますますご一緒に声をあげていただきたいなと思います。

PFAS(有機フッ素化合物)
命にかかわる問題 力を入れる


 それからPFAS(ピーファス=有機フッ素化合物)の問題は、命の源である水が汚染されているわけですから、力を入れていきます。東京都も調査を急ぐことになりました。原因を究明する。そして、汚染されている地下水は使わないなど、すぐに対策をとりながら、検査も公費で行えるようにすることなど、取り組んでいきます。

朝鮮学校への補助金再開へ
「こども基本条例」を据えて取り組みます



 外国人学校のなかで、朝鮮学校だけ凍結されている補助金を再開させようという取り組みも、「こども基本条例」を据えてやっています。関係者のみなさんは都議会勉強会を開いてくれて、そこに都議も超党派で参加しています。「こども基本条例」は3年後の見直しの時期になりましたので、子どもの意見を聞く子ども議会を開催したり、いろんな形でやれないかと考えています。

都市計画道路
公立保育園


 そのほかにも、地域でたくさんの問題が起きていて、都市計画道路のこととか、公立保育園のこととか、本当にたくさんあります。それらについて、都政からもアプローチが必要なものは、もうぜひ連携して取り組んでいきたいと思っていますので、みなさんのご意見をいただければと思います。

【今後に向けて取り組みを強めたいこと】

 ・障害者医療費助成制度の拡充
 ・シルバーパスの改善(9月の第3回定例会に条例案を提出)
 ・保健所増設、強化
 ・多摩北部医療センターの充実
 ・子どもの医療費無料化
 ・給食費無償化
 ・補聴器補助の拡充
 ・PFAS(有機フッ素化合物)問題の解決
 ・朝鮮学校だけ凍結されている補助金の再開
 ・こども基本条例の3年後の見直し
 ・地域で起きている課題について、都政からのアプローチが必要なもの

駅前で都政報告
都政報告懇談から(9)今後に向けた取り組み_b0190576_20594789.jpg




by hara-noriko | 2023-07-21 21:00 | 東京都政 | Comments(0)

<< いまの健康保険証を廃止するな 都政報告懇談から(8)公約実践... >>