都政報告懇談から(10)さまざまな質問や意見が   

都政報告懇談会
さまざまな質問や意見をいただきました


 都政報告懇談会(7月9日)の内容をお知らせしてきました。いよいよ最終回です。
 今回の都政報告懇談会は、任期の折り返しということで、公約実践はどうか、今後2年間の課題は何かなどを中心にお話ししました。もっと報告の仕方を工夫できなかったかと反省も多々ありますが、みなさんからさまざまな質問や意見を出していただけたことが、本当に良かったと思いました。いくつか紹介させていただきます。

米軍横田基地のPFAS漏出
超党派で取り組んでほしい

 *横田基地のPFAS(有機フッ素化合物)漏出の解明、調査などを東京都に申し入れているが、ぜひ、超党派でとりくんでほしい。⇒大事なご指摘。努力していきたい。

黒目川に油が流出
今後どう解決していくのか


 *黒目川に油が流出した問題について、今後どう解決していくのか。⇒「目視で魚などが死んでいないようなので、それ以上のことはしない」と都はいっているが、水の調査や生き物の調査を引き続き求めていく。また、市民の方から、こうした事故がおきたら、その内容と対応を都のホームページにあげてほしいと意見もあったので、要望していく。再発防止のためにも重要だと思う。

コミュニティバスを実施した場合
3年間しか補助がつかない


 *コミュニティバス(コミバス)を実施した場合、3年間しか補助がつかない。そこは改善されていないか。⇒文書質問でも求め、共産党都議団としてもとりくんでいるが、まだ改善には至っていない。

AEDの設置場所
わかるようにすべきではないか


 *AED(自動体外式除細動器)がどこにあるのか、わかるようにすべきではないか。⇒市がどうしているか、都として何ができるか、調べる。

外国人が増えている
もっと交流や支援が必要ではないか


 *外国人の人たちが増えている。もっと交流や支援が必要ではないか。⇒こども基本条例ができ、それにもとづき、外国語を母語としている子どもたちへの支援もスタート。こうした支援の強化や、居場所づくりへの支援などすすめていきたい。

都道のでこぼこ
改善を計画的に


 *都道のでこぼこなどの改善を計画的に。⇒具体的に問題ある場所があったら教えてほしい。計画的にすすめるよう働きかける。

東久留米市の中学校は全員給食ではない
給食費を無償化したら弁当の子はどうするのか

 *東久留米市は、中学校が全員給食ではなく、弁当併用スクールランチ。都内に3自治体しかない。給食費を無償化したら弁当の子についてはどうするのか。⇒まず、全員が食べられる給食を一日も早く実現できるように力を合わせます。清瀬市が緊急対策で、子どもたちの給食費補助を私立に通っている子どもや、不登校の子どもにも同じように補助するというやり方をとっている。やり方はいろいろある。無償化の場合は、無償にするのだからどの子にとっても公平になる。

災害で帰宅困難になったとき
家に残された高齢者が心配


 *災害があったときに、家族が帰宅困難になり戻ってこられない場合、家に残されている高齢者はどうするのか不安。何か行政が考えていることはあるのか。⇒災害時要配慮者(高齢者、障害者、難病者、乳幼児、妊産婦、外国人など)については、それぞれに個別に避難などについて事前に個別計画をたてることになっている。何かあったら誰が援助するのかなど、確認しておくことが大事。それぞれ、都や市も災害時のマニュアル等もあるので確認してお知らせしたい。

私も勉強になりました
懇談会終了後、感想の交流会に


 みなさんの質問や意見にとても考えさせられ、勉強になりました。ありがとうございました。また、今回うれしかったのは、視聴会場で、懇談会が終わったあとに感想の交流会になり、シルバーパスや補聴器補助について要望が出たという話も寄せられたことです。大人数だとなかなかいいにくい場合でも、少人数だと意見をいいやすいですよね。みなさんから寄せられた意見を今後に生かせるよう、がんばっていきたいと思います。

【都政報告懇談会 連載記事】

(1)コロナ対策を後退させるな
(2)本格的な物価高騰対策を
(3)声を聞かない小池知事
(4)安全安心の東京を
(5)すべての特別支援学校に図書室を
(6)一致点での共同と平和への取り組み
(7)地域の声を取り上げる文書質問
(8)公約実践と議会質問
(9)今後に向けた取り組み
(10)さまざまな質問や意見が

質問や意見が出された都政報告懇談会
都政報告懇談から(10)さまざまな質問や意見が_b0190576_21232886.jpg







by hara-noriko | 2023-07-25 21:27 | 東京都政 | Comments(0)

<< 東京・多摩地域 保健所の増設は切実 いまの健康保険証を廃止するな >>