新年のごあいさつ 2024   

 2024年。ガザ、ウクライナ…犠牲になっている子どもたちのことを思いながらの年明けとなりました。一日も早く停戦を、と声を上げ続けます。二度と戦争はしないと誓った憲法をもつ日本が、もっと世界平和に向けて積極的にとりくむように、さらに働きかけていきたいです。

 また、辺野古代執行に、「民主主義はないのか」と叫びたい気持ちです。工事はただちに止めるべきです。反戦平和・主権在民を貫き101年の歴史をもつ日本共産党の一員として、みなさんと力を合わせて、平和と民主主義を守る政治に変えるため頑張る決意です。

 今年の7月7日は都知事選挙です。共産党都議団は、暮らしに無関心な小池都政を転換するため、都民と野党の共同を強めていきます。

 給食費の無償化については、知事はこれまで「国の問題」と背を向けてきました。しかし、運動に押されて「負担軽減」を打ち出しました。共産党都議団など4会派は、負担軽減では多摩格差が生じかねないと指摘し、共同で「無償化」の条例提案を行いました。結果、5会派が賛成。自民・都ファ・公明などの反対により通りませんでしたが、今後の展開の大きな後押しになったことは間違いありません。

 また、知事は、高校授業料無償化もすすめることを打ち出しました。詳細はこれからですが、私立も対象にするとしています。すべてのこどもを対象にするというなら、外国人学校への補助から朝鮮学校だけを排除している問題の解決をただちに行うべきです。いよいよ、こども基本条例に対する知事の姿勢が問われます。

 このほかにも、保健所増設、子どもの医療費無料化、補聴器補助、シルバーパスの改善、障害者医療費助成拡充、PFAS対策など課題は山積しています。都民のみなさんと力を合わせてとりくみます。今年もどうぞよろしくお願いします。

都議会議員 原のり子

夜明けの川霧
新年のごあいさつ 2024_b0190576_01234189.jpg




by hara-noriko | 2024-01-01 01:00 | 日記 | Comments(0)

<< 東京・清瀬市で新春街頭演説 2023年から2024年へ >>