都政報告のビラができました   

 都政報告「こんにちは原のり子です」2024年春号ができました。いま、清瀬・東久留米地域で配布しています。内容を紹介します。

<1面>障害者の雇用 生き方を保障する働き方こそ

 地域連携のなかで、障害者の超短時間雇用をすすめている東久留米市でのとりくみについてです。自治体や企業には、障害者雇用の法定雇用率が定められています。過去には、雇用率を達成するために、「水増し」していた自治体の事例もありました。また、現在も、障害者の働きがいを大事にしない雇用をしている企業の事例も聞くことがあります。私が質問でとりあげたAさんは、法定雇用率には1時間足りません。でも、無理に時間をのばすのではなく、Aさんの働きがいや生き方を尊重して、「超短時間の雇用」としているのです。その大事さを質問では伝えたいと思いました。
 さっそく、「Aさんのこと、生活訓練事業所のことをとりあげてくれてありがとう!」とメールをいただき、とてもうれしかったです。

<2面>子ども・若者の依存症対策

 昨年10月から厚生委員になり、初めておこなった質問のひとつが、子ども・若者の依存症対策です。生きづらい社会のなかで傷つき、苦しんでいることに寄り添い、相談できる環境をどうつくっていくか質問しました。自己責任論に立った見方や、脅しのようなメッセージを変えていきたいと強く思います。引き続きとりくんでいこうと思っています。

<3面>学校プールをなくさないで

 一般質問でとりくんだ学校プールの廃止と水泳指導の在り方についてです。清瀬市ではすでに水泳指導は、民間のスポーツクラブで実施という方向で進められています。しかし、学校での水泳指導の目的は何か、ということにたって考えていくことが必要です。学校プールを改築するときの都補助がないことも明らかになりました。財政力の弱い自治体では、なかなか改築にふみきれないという課題があることもわかりました。引き続き、質問を予定しています。

<3面>ケア労働者の処遇改善

 ケア労働者の処遇改善で、ようやく都が一歩前進の提案をしていることにも触れました。しかし、児童養護の職員などは対象になっていません。改善と充実を求めていきます。

<4面>都市農業振興へ

 東京ビーフを生産する畜産農家、東久留米市の榎本牧場を視察し、そのときの写真もこころよく使わせていただきました。ありがとうございます。知事は、「みんな大好き、多摩・島しょ」といいます。それなら、多摩地域の宝である都市農業にもっと力をいれて支援してほしい。知事はいっさい答弁しませんでした。姿勢が問われます。

 ぜひ、感想をお聞かせください。

都政報告懇談会で
正面左は、かもしだ芳美・東久留米市議
正面右は、北村りゅうた・東久留米市議

都政報告のビラができました_b0190576_16050286.jpg
都政報告のビラができました_b0190576_16052825.jpg

都政報告のビラができました_b0190576_16144680.jpg
都政報告のビラができました_b0190576_16144559.jpg
都政報告のビラができました_b0190576_16144626.jpg
都政報告のビラができました_b0190576_16144547.jpg

「こんにちは原のり子です」2024年春号
PDFファイルをこちらからご覧いただけます








by hara-noriko | 2024-02-19 16:09 | 東京都政 | Comments(0)

<< 都議会厚生委員会質問(5)市販... 都議会厚生委員会で請願・陳情審査 >>