2010年 08月 30日 ( 1 )   

八ツ場ダムをたずねて   

 群馬県の八ツ場ダム…その場所に行って体感することがとても大事だと思いました。特に、案内してくれた篠原重信市議は、ここがふるさと。水の底になってしまうのです。
 篠原さんの幼なじみが営んでいる民宿も、かつては人を3人ほど使っていましたが、今は夫婦で切り盛りし、お客さんも1組に限定しているとのこと。先の見通しが見えないまま、不安な状態に置かれているそうです。
 水の上になる高いところへ車でのぼると、街がつくられています。お墓も移されていました。この街のために、大きなトンネルも掘られています。
 今度はもう一度下に下りて、水面上に架かる巨大な橋を見上げてみます。ぞっとする深さです。そこに人々のくらしを飲み込んでしまうのです。1日も早く、ダム事業の中止と地元の生活再建の保障を!と願わずにはいられません。
 これまでに、東久留米市議会でも篠原さんの提案などで意見書を提出してきました。引き続き、できることをしていきたいです。

                       モンシロチョウです
b0190576_13571686.jpg

by hara-noriko | 2010-08-30 13:55 | 活動日誌 | Comments(0)