2010年 11月 27日 ( 1 )   

続 ケア東久留米を訪ねました   

 ケア東久留米(幸町、消防署の隣)訪問記のつづきです。
 以前、このブログで地域の集いの様子を書きました。その時に、老人保健施設のショートステイで個室料の負担が重すぎる、という問題が出されました。(こちらをごらんください)
 今回の訪問で、そのことについてたずねました。
 事務長は、個室で良いかどうかは、本人の了解を必ず得てから、ということ。ただ、ショートステイは、150名の入所定員の空きに入れていく、というシステムのため、多床室(120)が入所の方でいっぱいであれば、おのずとショートステイは個室(30)ということに…。個室料1日3150円の負担ができない人は、ショートステイを利用できない…というのが実態、といえるのではないでしょうか。
 入所の場合も、多床室は月15万円ぐらいですが、個室だと25万円ぐらいになります。
 お金がないと、必要なリハビリも受けられない…。これは、介護保険制度自体の問題だと思いました。
 国は、こうした問題を解決するのでなく、さらに介護保険を改悪(保険料・利用料の引き上げなど)しようとしています。ストップをかけるため、地方議会からも声をあげていきたいと思います。

              黒目川の紅葉(西武線ガードの下流、稲荷橋付近)
b0190576_2373452.jpg

by hara-noriko | 2010-11-27 22:54 | Comments(0)