2011年 01月 08日 ( 1 )   

イオン計画の見直しをアピール   

 今年は、4日の朝、駅頭宣伝から活動をb0190576_0213597.jpg
スタートしました。
 7日の午前中は、消防出初め式。その後、旧第一勧銀グランド跡地利用と環境を考える会のよびかけで、イオン計画見直しを訴え、市民にアピールするリレートークに参加しました。市役所のそばで行なわれたこのアピールには、30人近くが参加。ビラを渡し(写真右)、マイクでも訴え、とても注目されました。
 車でそばを通りかかった知り合いの農家の方が、ビラをちょうだい、と声をかけてきました。そして「市長代わったのに、どうなっちゃったのよ」と。本当にそうですよね。市民との約束を反古にしていいのか、ということです。
 私もマイクを握り、公約違反の問題、そもそも5小の目の前・周りは細い道路・駐車場1700台・規模は本町ヨーカドーの5倍…という計画そのものの問題、一企業のために税金を使って道路をつくってきた問題などを訴えながら、「市民の力で押し返しましょう」と呼びかけました。
 しかし、なんといっても、近隣住民の方のスピーチは、切実で説得力あるものでした。こうした声をみんなのものにしていきたいと強く思いました。
市長は推進の説明会を計画
 なお、市長は、イオン計画推進の説明会を開催する事を明らかにしました。1月23日、10時~12時、5小体育館。また、地区計画案の縦覧が20日から始まり、それに対する市民意見の募集も行なわれます。
 まちづくりの主人公は市民です。あきらめずに、声をあげていきましょう。

     リレートークに参加した日本共産党の(左から)村山順次郎くらし・労働相談室長、
    糸魚川知子市議、永田まさ子くらし・子育て相談室長、私、篠原重信市議
b0190576_0174557.jpg

by hara-noriko | 2011-01-08 00:19 | 活動日誌 | Comments(0)