2011年 02月 03日 ( 1 )   

バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(1)   

 2月2日、バス路線の拡充の要請に西武バス株式会社本社へ行きました。滝山在住の市民の方、野火止在住の方2名、村山順次郎くらしと労働相談室長、私、の5人です。
 対応してくださったのは、経営企画部経営企画課長兼運輸計画課長の関根康洋氏と、乗合営業部乗合営業課長の上原雅彦氏です。
 お忙しい中、1時間半にわたり、さまざまな質問にこたえていただき、大変有意義な懇談となりました。明日以降、話し合ったなかから、テーマ別に報告します。(つづく)

要請書
 私たちの地域にとって、貴社の路線バスは欠かせないものであり、様々な要望にもご協力いただき感謝しています。
 東久留米市内も、年々まちの状況は変化しており、高齢化がすすむ一方で、若い人たちが居住する戸建て住宅も多く建設されています。そうしたなか、バス路線の拡充を求める声もさまざま出されています。以下、具体的に要請いたします。ぜひ、ご検討いただき、実現いただけるようお願いいたします。
 (1)下里団地から新小金井街道を通って、昭和病院までつながる路線をつくってください。
 (2)バス停「昭和病院北入り口」から、昭和病院までが遠すぎるため、昭和病院玄関前にバス停を設けてください。
 (3)新所沢街道を通り、滝山営業所とひばりが丘を結んでいる路線の本数を増やしてください。また、ひばりが丘駅だけでなく、東久留米駅までいける路線をつくってください。

バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(2)
バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(3)

        上原課長(左)に要請書を渡す村山順次郎・党くらしと労働室長(右)と、
        私、原のり子(中央)
b0190576_1923439.jpg

by hara-noriko | 2011-02-03 19:25 | 活動日誌 | Comments(0)