2011年 05月 24日 ( 1 )   

臨時議会で決まったこと   

 5月20日、臨時議会が開かれました。新しい議員になっての初めての議会です。この議会では、主に議会の体制が決まりました。

日本共産党が求めたこと
 共産党は、(1)市議会議員選挙によって決まった議席は民意の反映であり、市議会の役職は、議席数に応じて民主的に決めていくこと(2)一人会派の人の意見も尊重すること―を強く求めました。議会は、考えの違う人たちが議論する場です。だからこそ、議会運営については一致して民主的にすすめることが大切です。
 共産党としては、議長は第一会派、副議長は第二会派、監査委員は第三会派から選出すること。各委員会の正副委員長も、議席数に応じて担当することを提案。しかし、残念ながら合意にいたりませんでした。実は、私が初めて議員になった12年前までは、基本的にこのルールで進めていました。これがその後だんだんと変えられてきているのです。今回決まった体制で、2年間進められます。その間に、改めて民主的な議会運営について、提起していきたいと思います。

共産党はすべての常任委員会に委員を出す
 共産党は、3議席から4議席へと前進した結果、4つの常任委員会すべてに委員を出すことができ、議会運営委員会は今まで一人でしたが、二人にふやすことができました。
 *総務委員会   しのはら重信議員(委員長)
 *厚生委員会   原のり子
 *文教委員会   永田まさ子議員
 *建設委員会   村山順次郎議員
 *議会運営委員会 しのはら重信議員、原のり子
 なお、日本共産党市議団は、団長がしのはら重信議員、幹事長が原のり子です。

開かれた議会に
 さて、議長・副議長選挙は投票による選挙となりました。この実施にあたっても、投票前に立候補者が所信表明を行なうなど、見える形にすることも提案。今回は実現にいたりませんでしたが、今後議論していくことについて否定する声はありませんでした。議会を開かれた形に改革するため、とりくんでいきます。

議長、副議長、監査委員
 議長   篠宮正明氏(自民)
 副議長  富田竜馬氏(民主)
 監査委員 沢田孝康氏(公明)

《議長選挙結果》
 篠宮正明氏(自民)     11票
 しのはら重信氏(共産)   4票
 富田竜馬氏(民主)      3票
 間宮美季氏(社会市民)  3票
 佐藤一郎氏(みんな)    1票
 
《副議長選挙結果》
 富田竜馬氏(民主)     14票
 原のり子(共産)       6票
 間宮美季氏(社)      1票
 佐藤一郎氏(み)      1票

                 今年も生まれたカルガモのヒナ(落合川)
b0190576_038767.jpg

by hara-noriko | 2011-05-24 00:38 | 市政報告 | Comments(0)