2011年 05月 29日 ( 1 )   

コミュニティバスの早期実現を求める署名に反響   

 土曜日の定例宣伝。今週は、コミュニティバスの早期実現を求める署名にとりくみました。雨にもかかわらず、1時間弱で50人の方から署名が寄せられました。たくさんの声も寄せられました。「早く実現してほしい」「この署名なら協力したい」などです。
市の計画には2015年度までに実験運行するとあるが…
 馬場市長はコミバス実現について公約していますし、昨年の9月議会では1名をのぞき圧倒的多数で請願も採択されています。市の計画にも、2015年度までに実験運行すると明記されました。しかし、今年度予算案には、コミバス関連は何も計上されませんでした。
実施のための検討を
 コミバス実施のためには、市民や専門家も入れて実施のための具体的な検討をすすめることが必要です。交通不便地域の解決は、一日も早くすすめなければなりません。みなさんと力をあわせてとりくみたいと考えています。

「市民参加と市民合意」が市長の公約なのに
 この間、予算案・議案の説明がつづきました。市長が、3月に示した予算案から変更したことは二つ。「外部評価委員会はとりやめ、市民による事業仕分けを実施する」「保育園のあり方検討委員会はとりやめる」というものでした。
 保育園についていえば、これまでの民営化の検証をどうすすめるのかも未定のまま、みなみ保育園は民営化しようというのです。
 保育園やコミバスの問題も含め、3月議会の時点で共産党市議団としては予算組み替え案を提起しましたが、残念ながら、6月議会で議論する今年度の予算案(8~3月)に反映されているものはありませんでした。改めて、市長の公約であるはずの「市民参加と市民合意」が問われています。

                          アオサギ(落合川)
b0190576_0233026.jpg

by hara-noriko | 2011-05-29 00:24 | 市政報告 | Comments(0)