2011年 07月 09日 ( 1 )   

6月議会一般質問から(5) まちづくり(下)   

 私は6月14日、市議会本会議で一般質問をおこないました。市政に対する日本共産党の基本的な考え方をのべたうえで、4つのテーマについて市の市政をただしました。(1)障がい者福祉(2)高齢者福祉(3)保育園の民営化(4)安心して暮らせるまちづくり―です。詳報を5回にわけて紹介します。最終回の5回目は、安心して暮らせるまちづくりについての(下)です。

 安心して暮らせるまちづくりのため、4カ所の道路・通学路の改善について具体的にうかがいます。
(1)カーブミラーの設置について
 小金井街道の小山郵便局の信号と久留米中学校手前の信号の区間の中間に信号のない横断歩道があります。ここを歩行者がわたるときも、車で野火止側から通りに出るにも、非常に危険です。カーブミラーの設置を含め安全対策が急務です。いかがでしょうか。
(2)歩道の設置について
 所沢街道の歩道設置については、これまでも多くの議員がとりあげていいます。東京都にうかがうと、南沢5丁目交差点から南町1丁目の区間が終われば、次が前沢の部分になる、とのことですが、いつ事業化できるかは未定ということです。市としては、どのように働きかけ、どこまで進捗状況はきているのか、うかがいます。
(3)横断歩道の設置について
 下里本邑通りの野火止1丁目交差点から、久留米西高南交差点の間は非常に距離があり、大型スーパー(クルネ)もできて交通量もふえています。この間に横断歩道の設置を求めた請願も採択されていますが、現在どのような検討状況になっているのでしょうか。
(4)通学路に歩道がない
 幸町から、旧市役所通りを通って第一小学校に通う子どもたちは、まったく歩道もなく、通学路であることもわからないところを通っています。大変危険で、通学路点検のなかでも指摘されています。改善の状況はどうなっているのかお聞かせください。

【答弁と感想】
 質問に対するの答弁は、以下の内容でした。
(1)カーブミラーの設置について
 東京都の意見も聞きながら、改善の手立てを探っている。
(2)歩道の設置について
 現在、西東京から南町の部分で歩道設置をすすめているが、ここのめどがたったら、中央町、前沢方面へ進めていく考えであると、東京都から聞いている。
(3)横断歩道の設置について
 田無警察署を経由して、警視庁に上申されている。実施時期は、警視庁の予算等の事情によるので、市としては引き続き要望していく。
(4)進学路に歩道がないことについて
 PTAとの通学路点検でも、危険個所として指摘されており、認識している。今後も改善に向けはたらきかける。
すぐにできる手立てはとってほしい
 私は、子どもたちが歩いている反対側にはグリーン舗装がされているが、通る側にもっと通学路と分かる表示が必要、歩道設置等を検討するとともに、すぐにできる手立てはとってほしい、と強く要請しました。

【関連記事】
一般質問終わる 東日本大震災が市政に問うもの
6月議会一般質問から(1) 障害者福祉の前進へ
6月議会一般質問から(2) 高齢者福祉について
6月議会一般質問から(3) 検証なしの保育園民営化
6月議会一般質問から(4) まちづくり(上)
6月議会一般質問から(5) まちづくり(下)(このページ)
予算特別委員会で予算案否決
6月議会 日本共産党の反対討論(1)
6月議会 日本共産党の反対討論(2
6月議会 日本共産党の反対討論(3)

                      シオカラトンボ(落合川水生公園)
b0190576_18292170.jpg

by hara-noriko | 2011-07-09 18:29 | 市政報告 | Comments(0)