2011年 08月 01日 ( 1 )   

東久留米市内の放射線量測定結果   

 東久留米市内での放射線量測定結果(7月分)が市のホームページで発表されました。東口中央公園で継続して14日間測定した結果と、保育園・幼稚園の園庭、児童館の庭、学校の校庭とプールサイドを各1日測定した結果です。
 自然放射線量は一般に0.05マイクロシーベルトといわれています。また、平常時の放射線の管理基準は、年間1ミリシーベルト(「マイクロ」は「ミリ」の1000分の1)。
 こうしたことに照らして見てみると、今すぐに危険である、という値ではないように思えます。しかし…、1日だけの測定であること、砂場などはどうか、雨の後はどうか…など、いろいろと課題もあります。
 まずは、市としての測定がスタートしたことは大切であり、充実を求めていきたいと思います。市民の方々からも、夏休みに入り、子どもたちが落合川でたくさん遊んでいるので、そういうところはすぐに測定してほしい、などの声も寄せられています。みなさんの声を届けていきたいと思います。

東久留米市内の空間放射線量の測定について

                        ツバメの親子
b0190576_0132631.jpg

by hara-noriko | 2011-08-01 00:14 | 市政報告 | Comments(4)