2011年 09月 18日 ( 1 )   

「みなみ保育園廃園しないで」の声、13209名に!   

 南町都営住宅1階にある市立みなみ保育園は、都営住宅の建て替えに伴い、移転・新設することが決まっています。前野崎市政は、移転と同時に民営化していくという計画をたてました。その後、市長選があり、保育のあり方については市民参加で検討していくことを公約にかかげた馬場市長が当選。当然、みなみ保育園の民営化についても、市民参加で議論される…はずでした。
市民参加による検討の場を取り下げた市長
 残念ながら保育のあり方を検討する委員会は、議会のなかでも意見が分かれ、市長もあり方委員会の中身について定まらず…、とうとう6月、馬場市長は予算に提案することを取り下げてしまいました。一方で、みなみ保育園については、「これは確実にやらせていただく」と、みなみ保育園を廃園にして民設民営にしていく、としてしまいました。さらに、民営化を推進していく姿勢を鮮明にしました。
上から押し付けるやり方に保護者が抗議
 保護者のみなさんは、保護者限定の説明会を強行した市に対し抗議し、説明するなら市民全体にすべき、と申し入れ。保護者説明会にはだれも出席していません。
 公約違反もひどいですが、公約と違うことをすすめるのに、説明せず、決まったことだからとみなみの保護者だけに押し付けるというやり方はありえません。
私も、思わず…
 市議会厚生委員会で、私は思わず、「市長は胸が痛まないですか?」と質問してしまいました。市長は、「胸が痛んでもやります」と…。容認できない発言です。
市民の声で市長は市民説明会の「検討」を表明
 私は、民主的な市政運営の危機だと感じました。お母さんたちが指摘している通り、市長が市民説明会を開き、まず自分の考えを明らかにすること…すべてはそこからです。厚生委員会・予算特別委員会を通じて、市長はようやく「検討する」と。13209名の声の力です!引き続き働きかけます。
都には「民営化を予定」と一方的に説明
 東京都との協議についてわかる資料の提出を求めたところ、3月に「みなみ保育園は民設民営を予定」との市の計画書が出されていたことがわかりました。市民説明も合意も全くないなかで、一方的に市の計画として東京都に提出していたということは、大問題です。この問題は、10月の決算特別委員会でも追及していきます。

                       水草とカモ(落合川)
b0190576_19404093.jpg

by hara-noriko | 2011-09-18 19:41 | 市政報告 | Comments(0)