2011年 12月 17日 ( 1 )   

12月議会一般質問から(4) コミュニティバスをめぐって   

 いま開かれている12月議会の本会議で、一般質問をおこないました。今回はその4回目、最終回です。

市長が突然、「実験運行を任期中に実施することは難しい」と
 最後に、安心して暮らせるまちづくりと題して、交通不便地域対策についてうかがいう予定にしていました。しかし、おととい、村山順次郎議員への答弁のなかで、市長より、コミュニティバス(コミバス)の実験運行を任期中に実施することは難しい、という趣旨の発言がありました。私の予定していた質問は、市長がコミバスについて前向きに進めていくことを前提にしていましたので、突然、まったく質問が成りたたなくなってしまいました。
重大な政策変更なのに報告もされない
 重大な政策変更であるにもかかわらず、きちんとした報告もされない、なぜその決断に至ったのか十分な説明もなく、根拠となる資料も提出されない、という状況では質問を取り下げざるをえないと判断しました。
市民不在の公約違反に抗議
 コミバス実施を含む、交通不便地域対策については、市長報告を聞いたうえでその場面で質問することにしますが、公約違反という点でも、市民不在、議会軽視の進め方という点でも、市長に対し厳しく抗議するものです。

【関連情報】
コミュニティバスの実験運行 市長が突然、方針変える
「馬場市長に猛省を求める決議」を可決

  南沢湧水の朝霧
b0190576_14424160.jpg

by hara-noriko | 2011-12-17 14:43 | 市政報告 | Comments(0)