2013年 07月 20日 ( 2 )   

東京選挙区候補 吉良よし子さん渾身の訴え   

 参院選挙最終日の20日、東久留米市の滝山団地センターでの吉良よし子さん渾身の訴え…胸に迫りました。声も少し枯れていて、きっとのども痛いのでは…。候補者に決まってから今日まで、本当に全力で走り抜けてきたんですね。それもただ走ってきたのでなく、実態を調査し、一緒に考え一緒に運動してきているのです。だから、演説も聞くたびに説得力が増していると実感します。
比例5議席を必ず
 吉良さんは、今日の演説の中で「比例5議席を必ず勝ち取らせてください!」と力をこめました。その大きな理由は、改憲へ暴走する安倍首相・自民党の動きです。この選挙戦のなかで、安倍首相は9条改憲を明言しました。戦争する国にするわけにはいかない、どうしても暴走を止めなければ、との吉良さんの真剣な思いが伝わってきます。そのためには、党をつくって91年、反戦平和を貫いてきた共産党を大きくしてほしい、そして、この東京選挙区で憲法改悪にストップをかけ、皆さんの声実現のためにとりくむ、吉良よし子を送り出してほしい、と。
 私が共産党に入ったのも、戦争反対を貫いた共産党の歴史を知ったからでした。18歳のときでした。弾圧され、拷問まで受けながらも、侵略戦争は間違っているとの考えを貫いた…そういう政党があった。自分にそこまでの強さがあるかは自信がないけれど、そういう人間らしい生き方をしたい、と思ったのです。吉良さんの演説を聞きながら、自分なりの初心・原点を思いました。
 いよいよ明日が投票日。平和を守り、国民のくらしを大事にするあたりまえの政治を願うみなさん、党派をこえて共産党にご支持をお寄せください。

 比例代表は、共産党へ。
 東京選挙区は、吉良よし子さんへ。

  写真は、滝山団地センターで訴える吉良よし子さん
  右は、応援弁士の村山順次郎市議。奥は、司会の原田ひろみ清瀬市議
b0190576_23435015.jpg

by hara-noriko | 2013-07-20 23:43 | 選挙 | Comments(0)

戦争反対を貫く共産党を大きくしてください   

 とうとう選挙運動期間はあと1日となりました。
 19日は、東久留米駅西口で中央地域の党後援会のみなさんと宣伝。たくさんの人に声をかけていただき、本当にうれしかったです。今、多くの方が真剣に考えていると感じました。
 私達がもっていた「原発再稼働許すな」のポスターを指差し、「これ大賛成です」と若いお母さんが声をかけてくれました。放射能が心配で九州に移住したといいます。移住を決断した思い、不安を話してくれ、「原発をなくすことだけが解決の道だと思う」と。
 わざわざチラシをとりに来てくれ、そっと「がんばってください」といってくださる方や、「共産党のいっていることはあたりまえのことだと思う。それが通じるといいですね」と話してくださる方も…。激励に応えて、がんばります。
 宣伝に来る直前に、市の平和祈念資料展に寄りました。そのとき高齢の女性3人が、戦時中の写真をみながら、「思い出すわね。本当に復興するまで大変だった」「辛かったね」と話している様子に出会いました。改めて、安倍首相の憲法9条改悪発言、自民党石破幹事長の軍法会議発言は許されない、と強く思いました。
 党をつくって91年、侵略戦争反対を貫いてきた共産党へ、みなさんのご支援を心からお願いします。力をあわせて、「戦争する国」へ踏み出す流れにストップをかけましょう!

 20日(土)午前11時50分~午後12時20分の間、東久留米市の滝山団地センターにおいて、吉良よし子さんが街頭演説します。ぜひお聞きください。

 参院選挙は投票が2回あります。
 東京選挙区は、吉良よし子さんへ。
 比例代表は、共産党とお書きください。

  比例代表候補の小池晃さん
b0190576_020288.jpg

  東京選挙区候補の吉良よし子さん
b0190576_0201521.jpg

by hara-noriko | 2013-07-20 00:21 | 選挙 | Comments(0)