2014年 05月 21日 ( 3 )   

教育長と懇談 党のアピール手渡す   

 5月21日、4月に教育長に就任された、直原裕(なおはら・ひろし)教育長と懇談しました。まず、「『教育委員会改悪法』に反対する国民的共同をよびかけます」と題した、共産党のアピールを手渡しました。
 このたびの改悪は、教育委員会の独立性をうばい、国や首長が教育内容に介入する仕組みをつくり、憲法が保障する教育の自由と自主性の侵害につながる、危険な中身です。共産党としての見解をお伝えしながら、教育の大切さについてさまざまな角度からの意見交換となり、とても有意義でした。
 20日、「改悪法案」は衆議院で可決され、参議院に送られました。改悪法案成立に反対するとともに、教育を守っていくとりくみはいっそう重要になっていきます。こうした懇談の機会を大切にしていきたいと思いました。
 懇談には、東教育部長も同席されました。

いま、教科書の展示が行われています
 「アピール」では、安倍政権が教育委員会の独立性を奪おうとする狙いは何か、指摘しています。そのひとつが、侵略戦争を美化する、歴史に逆行した教科書の採択です。「戦争する国づくり」の一環です。
 今年の夏は、来年度からの小学校の教科書採択が行われます。子どもたちに、歴史の事実を伝える教科書が採択されるように、しっかり見守っていきたいです。
 現在、教科書の展示が行われています。どなたでも自由に見ることができます。5月30日まで。時間は午前10時~正午、午後1時~4時。会場は以下の通りです。
*教育センター(成美教育文化会館5階) 日曜日、月曜日以外の日。
*中央図書館視聴覚室 月曜日、金曜日、日曜日、第3火曜日以外の日。
 なお、教科書採択が行われる教育委員会は、8月1日(金)午前9時~正午に行なわれる予定です。市役所7階の703会議室にて。

  写真は、右から、永田議員、村山議員、直原裕教育長、篠原議員、私です
教育長と懇談 党のアピール手渡す_b0190576_2353448.jpg

by hara-noriko | 2014-05-21 23:53 | 活動日誌 | Comments(0)

わかくさ学園発達相談室のとりくみを学ぶ   

 5月19日、わかくさ学園(就学前の心身障害児通所施設)をたずねました。わかくさ学園発達相談室のとりくみについて学ぶためです。発達相談室は、4月から場所が変わり、わくわく健康プラザとわかくさ学園の2カ所で事業を行なっています。12日には、厚生委員会でわくわく健康プラザ内の発達相談室のとりくみを視察することができました。が、わかくさ学園内ではどのようにとりくまれているのか、私はまだうかがっていなかったので、訪問することにしたのです。
 いろいろと感じることがありました。何より大事なのは、わが子の発達に不安を感じるなどで相談にくるとき、安心して相談できる環境かどうか。親子の活動に参加しやすく、安心できる場になっているか…。たとえ、暫定的な場所だとしても、必要な改善をすすめるべきですし、さらにその先、近い将来にどういう施設であればいいのか、検討していくことは本当に大切だと思いました。もちろん、これはハード面だけではありません。学齢期も含め支援していく発達相談室の大切さを確認しながら、今後の方向性を議論していきたいと思います。

  東久留米駅から見る富士山
わかくさ学園発達相談室のとりくみを学ぶ_b0190576_029224.jpg

by hara-noriko | 2014-05-21 00:15 | 活動日誌 | Comments(2)

子ども・子育て支援制度と学童保育   

子ども・子育て支援制度と学童保育
 5月18日は、三多摩学童保育連絡協議会の主催で、自治体議員向け学習会「『子ども・子育て支援新制度』どうなる?どうする?学童保育」があり、参加しました。会場は満席。70名以上の議員がいたのでは? さまざまな政党・立場の議員が来ていたようで、関心の高さがうかがえました。東久留米からは、間宮議員と佐藤議員の姿も。
 新制度のもとで学童保育の基準条例をどのようにつくっていくのか、そのときに大事にすべき視点はなにか、さまざま考えさせられました。とくに、学童保育とは何か、という原点にたって考えていくことが大切だと思いました。報告者の方々が、新制度の問題だけでなく、学童保育での子どもの姿、放課後に育つ力、今の時代における大事さを話してくださったことは、とてもよかったです。

  アオサギ(落合川)
子ども・子育て支援制度と学童保育_b0190576_0134916.jpg

by hara-noriko | 2014-05-21 00:13 | 活動日誌 | Comments(2)