2014年 06月 05日 ( 1 )   

市長の行政報告に市議団全員が質問   

 6月5日、市議会初日。市長の行政報告がありました。多々疑問があり、共産党市議団は、全員、それぞれの角度から質問しました。取り急ぎお伝えします。
 
 永田まさ子議員は、3月議会で東中体育館について、新設するのか、それとも方針変更して既存体育館の耐震補強にするのか、市長自ら「再検証する」と答弁していたがどのように再検証したのか。また、これを決定した教育委員会の議論はどうだったのか。保護者に対する説明についてはどうだったのか。などを質問。
 篠原重信議員は、現在の体育館が通りをはさんで新座市側にあり、危険性もあるため敷地内に移そうという議論が、かねてからあったことを指摘。その問題はどうするのか質問しました。
 村山順次郎議員は、新設を断念したのは、財政問題だけが理由か、上の原の土地利用構想が背景にあるのではないか、質問。
 これらのやりとりをふまえ、来週の一般質問にのぞみます。
私は、みなみ保育園民営化について質問しました
 私は、みなみ保育園民営化について質問。「開設当初においては、いくつかの課題はあったものの、現在は子どもたちにとって落ち着いた安心できる保育が実施されております」と市長が述べた点について質しました。
 何をもって「落ち着いた」「安心できる」といい切れるのか。現状は、そこに向けて、引き継ぎ連絡会も行いながら、努力をしている過程ではないのか…。民営化の現場で子どもたち・保護者・保育者がどんな思いでいるのか、どんな苦労があるのか、これからしっかり議論したいと思います。
 また、栄養士の引き継ぎが2月・3月実施できず、委託料をその分、法人が自主的に返還していることもわかりました。これで、3月までの引き継ぎは完了したといえるのか…。
 さらに、今後、今回の民営化をどのように検証していくのかも言及がなかったため、質問。担当課長は、「第三者評価や保護者アンケートを実施していく」と。その内容については、今後の質問のなかで充実を求めます。

 市長の姿勢などについては、きょうの質問をふまえた一般質問の報告の中でお伝えしたいと思います。

  テントウムシ
b0190576_23382158.jpg

by hara-noriko | 2014-06-05 23:38 | 市政報告 | Comments(0)