2014年 09月 22日 ( 1 )   

コミバス早期実現を求める請願が趣旨採択に   

 9月議会で、「コミュニティバスの早期実現を求める請願」が、趣旨採択になりました。
委員会では不採択
 署名数はなんと6831名にもなり、建設委員会でも「署名の重み」に各委員が言及していました。しかし、委員会では、不採択になりました。自民の篠宮議員が趣旨採択の動議を出しましたが、賛成者がなく否決され、その後、賛否をとったところ共産党の篠原議員とネットワークひろばの白石議員が採択を主張。みんなの党の佐藤議員は不採択を主張。篠宮議員も趣旨採択の立場なので採択には手をあげず、2対2。委員長(津田議員、公明)裁決により不採択となったのです。
本会議で趣旨採択 大きな前進
 そして18日の本会議。全議員で採決を行なったところ…不採択から一転、趣旨採択となりました!
 採択=共産(4人)、ネットひろば(1人)
 趣旨採択=公明(5)自民(4)民主(3)社民(1)市民自治(1)
 不採択=みんな(1)ハートネット(1)
 本当は、はっきりと採択されればいちばん良かったのですが…。
 でも、この間、コミバス関連の請願は、共産党以外の賛成がなく不採択になってきたこと、今回も紹介議員は共産党だけだったことを考えれば、「趣旨採択」は本当に大きなことです!
市民の力
 これは、いうまでもなく、6831名の署名の力です! やはり市民の声が市政を動かすのですね。20日の定例土曜日宣伝でも、「私も署名したんですよ」「自分が生きているうちに実現できるでしょうか」などの声が寄せられました。いよいよ、これからが大事です。
共産党は4人全員がコミバス実現求める
 共産党市議団は、今議会、4人全員でコミバス実現、地域公共交通の充実に向け質問しました。行政側は、他会派の質問に、東久留米の道路事情ではコミバスは困難、という答弁をくりかえしていました。
 共産党市議団は、「市として、過去にコミバスを前提としたルート案を検討していること」「市は、八幡町・下里地域にイオンのシャトルバス(コミバスのサイズ)を要請した事実があること」などを示し、コミバスを走らせることはできることを明らかにしました。
地域の実情にふさわしい公共交通充実のためにも
 コミバスがふさわしい場所、ミニワゴンなら可能な場所、バス路線の維持・拡充で対応すべきところ…など、それぞれの地域の実情にふさわしい公共交通の充実をすすめることが大切です。多摩26市で24市が実施しているコミバスは、その要となるものであり、一日も早い実現のため、とりくみます。

柿の実(東久留米市内)
b0190576_050445.jpg

by hara-noriko | 2014-09-22 00:51 | 市政報告 | Comments(0)