2014年 12月 08日 ( 1 )   

さいわい保育園の民営化をめぐり質疑   

 5日、市議会本会議で一般質問を行ないました。まもなく、インターネット録画放映で見ることができますが、保育園民営化問題は11日の厚生委員会で引き続き議論することになるので、取り急ぎ、報告します。
行政としてやってはならないこと
 (1)先日、このブログで報告した行政報告での質問のつづきです。
 今年度入園の方に対し、民営化の予定はあるが、希望すれば卒園するまでさいわい保育園で保育を受けることができる、と文書をもって説明していたにもかかわらず、スケジュールが決まったので、同意をもって新園に移ってもらう、という問題について。契約違反であり、行政としてやってはならない、ありえないこと。「同意してもらえるよう努力する」と行政側は答弁しますが、努力するとかしないとか、という次元の問題ではない。少なくとも、スケジュール変更をすべきである。…など、一定のやりとりをしましたが、平行線のため、行政側に問題を整理して、厚生委員会できちんと答弁することを求めました。
 市が、どのような見解を述べるのか、注目されます。
人の心に土足でふみこむようなことはやめるべきです
 (2)さいわい保育園に入園希望を出す場合、民営化に同意しなければ入れないともとれる確認票は、人の心に土足でふみこみ、精神的に圧力を加えるもの。とりやめるべきだと主張しました。厚生委員会で議論します。
民営化の検証がきちんとおこなわれていません
 (3)こうした問題が次々とでてくるのは、根本に、民営化の検証をきちんと行なっていないことがある。みなみ保育園の引き継ぎ連絡会の会議録を提出するよう求めました。
 担当課長は「4月以降は、主体が法人なので、それ以前のものなら出せる」とのこと。しかし…引き継ぎは市が入って行なっているものであり、4月以降のものも出せるように調整すべきではないか、と私は思います。厚生委員会で議論していきます。

ジョウビタキのメス(黒目川)
b0190576_01541436.jpg

by hara-noriko | 2014-12-08 01:54 | 市政報告 | Comments(5)