2015年 04月 01日 ( 2 )   

都市農業の振興に力を尽くしたい   

 この間、さまざまな大事な集会や学習会があり、いろいろ考えさせられ、勉強になりました。そのなかから、いくつか報告したいと思います。

 まず、3月15日の東京農民運動連合会総会。
 私は、議員1期目のときに、農業委員として活動しました。農業委員会には、当時、議会選出枠が3人あり(今は2人)、自民・公明・共産からそれぞれ1人ずつ委員になりました。そのときの4年間は、私にとって宝物です。
 私は、農業についてまったくの素人です。都市農業のこと、東久留米の歴史などをいちから教えていただき…このまちがいっそう好きになりました。生分解マルチシート助成について話し合うときも、実物を見たり、畑に行ったり、本当に勉強になりました。農は、人の基本なんだと実感する日々でした。このころから、農民連の会員にもなり、農民連の役員の方が東久留米にも幾度となく足を運んでくれました。
 国において、都市農業振興基本法が制定されようという動きについて、今回の総会で学びました。国が、都市に農地はいらない、としてきたことからすると、180度の転換です! 農家の方々の長い間の努力の結果だと思います。私は、市議会で、過去に、都市農業を振興する条例制定を提案しました。改めて、市としてできることを考えていきたいと思います。また、同時に、都市農業を本当に守るためには、税制の見直しが不可欠です。国への働きかけを強めたいと思います。
 総会には、清瀬市の佐々木あつ子市議、小平市のほそや正市議も参加していました。

黒目川の桜
b0190576_00270966.jpg

by hara-noriko | 2015-04-01 00:32 | 活動日誌 | Comments(0)

予算案に対する反対討論-永田まさ子議員   

 3月議会最終日の本会議、永田まさ子議員が共産党市議団を代表して予算案に対する反対討論に立ちました。その内容を紹介します。

 日本共産党市議団を代表し、来年度予算案に対し討論をおこないます。
 まず、議案第33号東久留米市一般会計予算について、反対の立場から意見をのべます。 国において、昨年4月に消費税8%への増税が強行されました。この間、年金の切り下げも連続実施され、生活保護費の削減もおこなわれました。円安によりさまざまな日用生活品も値上げされ、市民のくらしは厳しくなっています。このようななか、住民にとって一番身近な東久留米市政が、市民の暮らしをどう守っていくかが大きく問われています。しかし、市長提案の予算は、市民の暮らしに寄り添うものではありません。
共産党の予算組み替え案
共産党市議団は市民の暮らしを応援する立場で、市長の予算案に対し、予算組み替え案を提案しました。以下、その内容を述べます。
 まず、組み替えをおこなう予算項目についてです。市長提案の予算で、とりわけ問題なのは、市民の声、市民の願いを聞いていないということです。
保育園の民営化は保護者の合意もない-認可保育園の増設が必要
 まず、(1)として、さいわい保育園民間移管法人選定…72万4000円を削除します。
 東久留米市の保育園待機児は、2月現在で351名。4月からの入所に関し不承諾となった児童は214名にものぼっています。待機児童解消のため、認可保育園の増設が必要です。しかし、市長が現在すすめていることは、公立さいわい保育園を廃園・民営化し、定員を増やすという方法です。
 ある日を境に、すべての先生(保育士)が入れ替わり、園の場所、運営方針も変わるため、子どもたちの負担が計り知れない保育園民営化に共産党市議団は反対です。民間保育園自体を否定しているわけではありません。子どもたちをとりまく環境を大きく変えることになる公立保育園の民営化に賛成できないのです。現在、市長が進めようとしている、さいわい保育園民営化計画に関しては、保護者の合意がとれていません。今議会においても、さいわい保育園について計画の一時凍結と民営化理由や決定過程に関する徹底した説明責任を求める請願が、3428筆の署名を付して提出されました。市長は、当事者の声を受け止めるべきです。
市長は住民の声を受け止めていない
 (2)上の原地区へのアクセス道路建設…2332万8000円を削除します。
 (3)神山堂阪公園区域変更事業…1459万3000円を削除します。
 この2点についても、市長は住民の声を受け止めていません。
市長は、上の原土地利用構想について、周辺住民のご理解ご協力を得ながら進めて行くとおっしゃっています。しかし、土地利用構想の具現化に必要だと言われるアクセス道路計画は、市民、とりわけ周辺住民のみなさんの理解が得られていない状況です。
 アクセス道路予定地には、周辺の環境を気に入って家を建てたばかりの世帯が隣接しています。目の前に公園があり、子育て世帯が多い住宅街です。2月17日におこなわれた説明会において、「一度だけの説明会で、そして、これだけの資料で、はい、理解できました、などと思えない。再度説明会をしてほしい」とのご意見がありました。しかし、市長は、二度とアクセス道路説明会は実施しない、と述べました。今議会、建設委員会などさまざまな場面においても、市長は同じ答弁を繰り返しました。丁寧に対応していくとおっしゃるのならば、まず、周辺住民の皆さんから切実な要望である説明会を開くべきです。
市独自の学力調査の実施は見直すべきです
 (4)市独自の小中学校学力調査…206万円を削除します。
 多摩26市で、自治体独自の学力調査を実施しているのは小学校10市、中学校11市、全体の4割という状況です。また、わが市は、学力調査の対象に小学3年生を加えようとしていますが、3年生の学力調査を実施している自治体はわずか2市だけとなっています。
 また、市、都、国の学力調査の実施は1学期に集中されることからも、子どもたちへの負担を考慮すべきと考えます。市独自の学力調査の実施については改めて見直すべきです。
 学校間の序列化につながりかねない、市ホームページの結果公表についても中止を求めます。
財政健全経営検討会議は3回分を削減
 (5)財政健全経営検討会議4回開催を1回開催へと変更し、3回分の削減として30万3000円を削除します。
 検討会議は4月~8月の期間中に4回開催されるとのことです。すでに検討会議の答申も示されており、実行プランのとりまとめに対し意見を求める場として、1回の開催分で十分であると考えます。
東中学校体育館は校舎敷地内に新築移転すべきです
 (6)東中学校体育館耐震補強工事を中止すること。
 共産党市議団としては東中体育館については、埼玉県新座市に設置されている現体育館を耐震補強工事を実施し今後も利用していくのではなく、校舎敷地内に新築移転すべきと主張します。よって工事費として教育振興基金からの繰り入れをとりやめます。
 この部分については、財源が発生しないため、今申し上げた(1)~(5)によって生み出される財源4100万8000円を市民のくらしを応援する立場で11項目に振り分けることを提案しました。その、考え方について述べたいと思います。
保育料格差解消のために助成金を
 1点目 さきに申し述べたように、保育園の待機児解消は喫緊の課題であるとともに、今、認可保育園に入所できず、保育料の高い認可外保育施設に通われているお子さんがいます。過去には認可外保育施設保護者助成金を求める請願も採択されており、本来ならば速やかに助成金の実施をすべきでありました。4月から新制度に移行するさい、保育料格差解消のため、助成金の実施をおこなうことを求めます。
子ども議会の開催を
 2点目 子どもが健やかに成長できる町づくりとして、子どもの権利条約にもとづいた意見表明権を保障し、子どもの意見を良く聞き市政に反映するため、子ども議会の開催を求めます。
後期高齢者健康診査の無料化を
 3点目 高齢化が進む東久留米市にとって、高齢者の皆さんが安心してくらし続けてけるよう、取り組んで行かなければなりません。みなさんが、末永く元気でいてくださるよう、市として応援すべきです。そのためには、定期的な健康診査が欠かせません。多摩26市のうち、24市が実施している後期高齢者健康診査の無料化をわが市でも実施し、検査を受けやすくすべきです。
公共交通の充実へニーズの調査を
 4点目 坂道も多いため、毎日の移動、通院などに不便な思いをされている高齢者が沢山います。若い世帯においても、車を運転しない世帯も増え、乳幼児健診などがおこなわれる、わくわく健康プラザまで通うことに不便な思いをされている方もいます。高齢者の日常生活、公共施設への利便性をはかるため、公共交通の充実が求められています。4月から西武バスの武21路線拡充により、長年の課題であった昭和病院まで、直通で行けるようになりました。同時に、改めて、民間バス路線の拡充では補えない地域があることも明確になり、その解消のため、どのような手立てをとっていくか、今大きく問われていると思います。長期総合計画前期計画には27年度までの計画としてコミュニティバスなどの実験運行と記されています。にもかかわらず、27年度予算案において、そのための経費が乗っていない事は問題です。どの地域にどのようなニーズがあるかなどの、調査をまずおこなうべきです。
震災から市民の命・財産を守る
 5点目 東日本大震災が発生し、4年がたちました。東京においても、いつ首都直下型地震が発生してもおかしくないと報じられています。震災から市民の命・財産を守るためのとりくみが求められています。
文化・環境・福祉活動などを応援
 最後に、市民の文化・環境・福祉活動などを応援すべきです。来年度新たに削減する4項目の補助金の削減をおこなうべきではないと考えます。
組み替えで生まれた財源はこう使う
 以上申し上げ、先に組み替えとして提案した項目により生み出された4100万8000円の財源を以下の施策に振り分けます。
(1)認可外保育施設保護者助成金の実施 659万円
(2)後期高齢者医療健康診査無料化 400万円
(3)コミュニティバスを含む地域公共交通のニーズ調査 350万円
(4)木造住宅耐震補強工事助成 300万円
(5)家具転倒防止器具取り付け助成300万円
(6)住宅・店舗リフォーム助成 300万円
(7)子ども議会開催 5万円
(8)コミュニティ活性化補助金 6万円
(9)保存樹木補助金 22万3千円
(10)ゴミ減量化処理機器購入費助成 五万円
(11)難病等啓発事業補助金 1万円
 合計2348万3000円。削減する一般財源(4100万8000円)から、この2348万3000円を差し引いた(1752万5000円)は財政調整基金に積み立てます。
 なお、東中学校体育館については、25年度に実施設計がおこなわれていますので、新築移転工事関連費用は28年度予算に計上する事を提案します。
 以上が、市長提案の予算案に対し、共産党市議団が提出した予算組み替え案です。

第2小学校給食調理業務の民間委託について
 共産党市議団として、今回の組み替え案に、第2小学校給食調理業務民間委託費を組み込むことも検討しました。しかし、調理業務には欠かせない正規調理員数が27年4月に14名となることが分かったため、子どもたちの安心安全をまず最優先に考え、組み替えに盛り込みませんでした。しかし、4月から委託される2小については、東久留米市小学校給食調理業務委託推進計画を25年度末に改定し、対象校として計画に盛り込むという、極めて乱暴だと言わざるを得ないやり方でした。この点については、厳しく指摘しておきます。
 共産党市議団としては、調理業務民間委託そのものに反対の意見をもっていますが、財政面から見ても問題があると考えます。給食調理業務委託費についてですが、27年度は5校分として1億3118万5000円となっています。内あらたに2小分として2865万5000円が含まれています。また委託料には消費税がかかるため、消費税は970万円程度となっています。また、市としての給食調理業務に係る人件費は、昨年度と比較しますと5名減ですが、その内訳は1名退職、4名は職変です。市の人件費総体からみれば、削減とはならず、委託料の持ち出しとなるのではないでしょうか。今後の調理体制については、正規調理員、臨時職員の配置を工夫すべきと考えます。

 以上、共産党の提案した予算組み替え案の内容と、一般会計予算の総額390億1100万円のうち、一般財源の4100万8000円を組み替えることにより、少しでも市民のくらしを応援し、震災対策も強化できるという考え方について述べさせていただきました。

上の原アクセス道路について
 最後に、上の原アクセス道路について述べます。予算案にはアクセス道路整備として5億7252万8000円が計上されています。財源内訳をみて驚いたのですが、都の支出金4億1620万円を除いた1億5632万8000円が、市の負担となっています。神山堂阪公園区域変更事業については補助はなく、5819万3000円が市の持ち出しです。27年度単年度では(アクセス道路建設費(2332万8000円)及び神山堂坂公園区域変更事業(1459万3000円)あわせて)3792万1000円、後年度負担は1億7660万円(1億3300万・4360万)にものぼります。
 そして、私がさらに、問題だと感じているのは、この予算には建設費はまだ含まれていないということです。建設委員会、予算特別委員会においては、総額でいくらかかるとの想定をしているのか、との質問に対し、今後の発注の中で決まっていくとのことで想定としての金額も示されませんでした。このアクセス道路は平坦な道をまっすぐに通る路線ではなく高低差13メートル、蛇行した線形となっています。3メートル以上の擁壁も必要となるはずです。28年度以降、多額の税金が必要となることは明らかです。
 多額の税金を投じて、なぜ道路建設を進めるのか、その前提にあるのは、上の原土地利用構想です。この構想については、市民参加、とりわけ周辺住民参加のもと見直すべきと述べておきます。また、予算特別委員会の場においては、今後市民の意見が反映できる部分は反映していきたいとのご答弁をいただきました。このことにつきましては、しっかり取り組んでいただくことを強く求めておきます。

桃の花
b0190576_00195387.jpg


by hara-noriko | 2015-04-01 00:20 | 市政報告 | Comments(0)