2015年 04月 17日 ( 1 )   

予算の一部を組み替えれば市民を応援できる   

 2015年度予算が、自民・公明・民主・社民・維新などの賛成で決まりました。日本共産党市議団は、市長の予算案に対し、予算組み替え案を提出。新たな財源を求めなくても、今の予算のなかでごく一部を組み替えるだけで、市民のみなさんを応援できることを示しています。組み替え案は、他の会派・議員の賛成は無く否決されました。みなさんと力をあわせ、提起した内容の実現へ引き続き努力します。以下、紹介します。

【共産党の予算組み替え案
 市民合意のない保育園民営化強行、不要不急の道路建設推進の予算に反対
(1)さいわい保育園民間移管法人選定を中止する (72万4000円)
(2)上の原地区へのアクセス道路建設を中止する (2332万8000円)☆
(3)神山堂阪公園区域変更事業を中止する (1459万3000円)☆
(4)市独自の小中学校学力調査を中止する (206万円)
(5)財政健全経営検討会議を4回開催から1回開催へと変更する (30万3000円)
(6)東中学校体育館耐震補強工事を中止する (0円)*

―以上から生み出される財源4100万8000円を下記の施策に振り向ける―
<1>認可外保育施設保護者助成金の実施 659万円
<2>後期高齢者医療健康診査無料化 400万円
<3>コミュニティバスを含む地域公共交通のニーズ調査 350万円
<4>木造住宅耐震補強工事助成 300万円
<5>家具転倒防止器具取り付け助成 300万円
<6>住宅・ 店舗リフォーム助成 300万円
<7>子ども議会開催 5万円
<8>コミュニティ活性化補助金の増額 6万円★
<9>保存樹木補助金の増額 22万3000円★
<10>生ごみ減量化処理機器購入助成増額 5万円★
<11>難病等啓発事業補助金の増額 1万円★
<12> <1>~<11>の残額を財政調整基金に積み立てる 1752万5000円

(注)
☆ 上の原の企業誘導のためのアクセス道路は、公園を削ってつくられる。近隣住民は不安や反対の声をあげている。来年度だけで総額6億円強かかるが、今後全体の経費がどのぐらいになるかは不明。
* 東中学校体育館の耐震補強工事は、総額1億3520万円。国費と都費を除く市の負担は、6540万円の起債と、教育振興基金から2192万8000円を繰り出すこととしている(一般財源は0円)。この事業をとりやめ、来年度、当初計画通り、学校敷地内に新体育館を建築することとする。
★ 市の「補助金適正化」による一律10%削減の新たに対象になった4事業の削減分を戻す。
(「こんにちは原のり子です」№286より)


【情緒障がい児の通級指導学級をなくさないで
 東京都は、2016年度から、通級学級を廃止し、先生が各学校を巡回する形に変えようとしています。これに対し、保護者のみなさんが、「保護者の声をきちんと聞いてほしい」と請願を提出。趣旨採択となりました(共産党は採択を主張)。また、議員一人ひとりに手紙も下さり、「通級学級をなくさないでほしい」との切実な思いが伝わって来ました。私は、一般質問でとりくみました。(趣旨採択とは、願意は理解する、という範囲のもの)
かけがえのない通級学級
 通級学級は、7小と6小にあり、計87人です(2014年度)。ふだんは、通常学級に所属し、週に1回スクールバスが家のそばに迎えに来て通級学級に行きます。朝の体育からはじまり、小集団活動や個別指導を受け、エネルギーをためて通常学級に戻って1週間がんばる、ということです。かけがえのなさがわかります。
 先生の巡回型に変わると、ある時間だけとりだして指導を受けるということになり、1日かけて、じっくり指導を受け、安心して過ごすということはできなくなってしまいます。
「保護者の声を聞く」と答
 市の担当者が、東京都のガイドラインが出たら保護者に説明し、市の計画を決める前に保護者の意見を聞くと答弁。保護者の声ととりくみの力です! 通級学級のかけがえのない教育を守るために力を尽くしたいです。

【国民健康保険税 2015年度は据え置きに!

 4年連続で値上げされてきた国保税。昨年秋に共産党が実施した市民アンケートでも、「これ以上の負担増反対」が83.1%。市議団としても、まずはこれ以上の引き上げはストップをと、市長へ2回申し入れ、議会でもとりくんできました。昨年の12月議会では市民の方からの請願も寄せられました。今回、全体の3%にあたる高額所得の人以外は、据え置き、あるいは軽減されます!議案は全会一致で可決されました。……でも、それにしても高い…。引き下げに向けとりくみたいです。

【介護保険料は引き上げ
 介護保険料は、平均月額4200円が4900円に引き上げ。保育料も大幅な引き上げになる人が出てくることもわかり、これらについては反対しました。自・公・民・維などにより可決されています。

【市民の声で、昭和病院行きのバスが動き始める!
 昭和病院に行きやすくしてほしい…これは市民の切実な声です。4月から、駅西口から乗り換えなしで昭和病院前まで行けるようになり、本当によかったです!コミバス実現を求めた署名運動も結果として大きな後押しになったと実感しています。同時に、民間バス事業者は、採算のとれないところは走りません。そのため、今回のバス路線の恩恵を受けられない地域も沢山残ります。そこにこそ、コミバス等、対策が必要です。とりくみを強めます。

「こんにちは 原のり子です」NO.286
b0190576_00160781.jpg


by hara-noriko | 2015-04-17 00:16 | 市政報告 | Comments(0)