2015年 05月 14日 ( 2 )   

改善もとめたい教科書展示   

 5月15日付「広報ひがしくるめ」の2面に書かれていますが、5月15日(金)から、来年度から使用する中学校の教科書展示がはじまります。(該当のページは、こちらから)
 展示期間は5月15日~29日。展示会場は、教育センター資料室(成美教育文化会館5階)と中央図書館視聴覚ホールの2カ所。時間は、午前10時~正午、午後1時~4時。
 しかし…、15日から展示するものを15日付の広報でお知らせするとは、いかがなものでしょうか。さらに、場所も2カ所のみで、時間も短く…。また、2週間あるといっても閲覧できない日が多いので、実質的な2週間にはなっていません。教育センターで閲覧できる日は、15、16、19、20、21、22、23、26、27、28、29日。中央図書館は、16、20、21、23、26、27、28日。両会場通じて、日曜日と月曜日はまったく閲覧できません。
 東久留米の教科書を考える会では、かねてから、展示場所をふやすことや時間を延長することなどを何度も要求してきたとのこと。考える会のニュースでも指摘されていますが、文科省から出されている「教科書採択についての留意事項」でも、広く意見を募り反映させることや、市民が足を運びやすいように配慮することなどが書かれています。改善を求めたいと思います。

「上の原土地利用構想整備計画(案)」 5月31日に説明会
 5月15日付広報の見開きページ(4~5面)は、「上の原土地利用構想整備計画(案)」の特集となっています。アクセス道路を新たにつくること、そのために堂阪公園を削ること、東中学校に隣接している道路の安全対策が心配されるが、「学校施設の更新時に拡幅整備」と言いっている意味は…などなど、多々疑問を感じます。(該当のページは、こちらから)
 5月31日(日)午後2時~4時、東部地域センター1階講習室にて、説明会を行うとのことです。まずは、市が、市民の方の意見を十分にうかがい、しっかり向き合う説明会にしてほしいと思います。

カモのヒナたち(落合川)
b0190576_23295649.jpg


by hara-noriko | 2015-05-14 23:31 | 市政報告 | Comments(0)

通級指導学級めぐるガイドライン 都は速やかに公表すべきです   

都民に知らせない東京都
 東京都教育委員会が、「特別支援教室の導入ガイドライン~小学校の『情緒障害等通級指導学級』が『特別支援教室』に変わります~』を発表しました。とはいっても、都民に対してその内容をホームページなどで知らせているわけではありません。3月末に発表されると聞いていましたが、遅れていて、4月時点で市の担当に問い合わせたところ、まだ暫定案とのことでした。昨日、市の担当に確認したところ、データで都教委から来ていて、これにもとづき、今月末に保護者に説明するとの話しでした。ところが…やはり東京都のホームページではアップされていません。
 13日、東京都の担当課に電話で、「いつアップされますか」と聞いたところ、「その予定はありません」と…。「え!?どうしてですか?」と聞くと、膨大な内容でもあり、各自治体の教育委員会からそれぞれの実情をふまえて説明していただく、との趣旨の話しでした。…それはないのではないか…。東京都のガイドラインそのものを東京都の責任で公表すべきであり、アップするようにしてほしい、と要請しました。
公表するのは当然のこと
 このガイドラインの前に、第三次計画が発表されており、そのことについてさまざま意見や疑問もだされてきた経緯。そのなかでモデル事業も行われてきたこと。それらをふまえて、ガイドラインを出すといってきたのですから、それを都民に公表するのは当然だと思います。
 すでにオープンなものなのに…。本当に疑問です。引き続き、東京都に改善を求めるとともに、市の保護者説明会ではていねいな説明と保護者の声を十分に聞き取り、検討することを求めていきたいと思います。

「市議会だより」に掲載された一般質問の見出しについて
 5月15日付の市議会だよりに、一般質問の記事が載っています。私の記事のタイトルが、「かけがいのない通級学級の存続を」となっています。正しくは、「かけがい」ではなく「かけがえ」ですが、なんらかの手違いですね。次号に訂正を載せてもらえるよう事務局にお願いしました。(該当のページは、こちらから)

イモカタバミ
b0190576_23245554.jpg


by hara-noriko | 2015-05-14 23:26 | 市政報告 | Comments(0)