2015年 05月 29日 ( 1 )   

若者を戦場に送らない   

戦争法案の危険性 国会審議で明らかに
 戦争法案の危険性が国会審議の中で、ますます明らかになってきています。
 私は、4月の市議選の際に、イラク戦争に派遣された自衛官が、帰国後28人も自殺している事実、戦闘地域に行っていなくてもすでにこういうことが起きていることを話し、戦争立法ストップを訴えました。
海外派兵自衛官 自殺者54人にのぼる
 27日、日本共産党の志位和夫委員長が、海外派兵自衛官の自殺者の問題について質問。アフガニスタン戦争、イラク戦争に派遣された自衛官が、帰国後、自ら命を絶った方が54人に上るという最新の数字が明らかにされました。命の重みを改めて考えさせられ、胸が痛みます。改めて、若者を戦場に送ることは絶対に認めない、戦争法案は廃案に、と強く思います。
廃案へ いっしょに反対世論を広げましょう
 なんといっても、決定的なのは世論です! 6月13日には「STOP安倍政権!大集会」が東京臨海広域防災公園で開かれます(同実行委員会主催)。6月14日、24日には国会周辺で戦争法案反対全国集会が開かれます(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会主催)。また、共産党としても、廃案を求める署名にとりくんでいます。みんなで声をあげていきましょう。

テントウムシ
b0190576_00522650.jpg

by hara-noriko | 2015-05-29 00:52 | 日記 | Comments(0)