2015年 06月 29日 ( 1 )   

本当にたまらない気持ちです   

理不尽にも さいわい保育園民営化の事業者公募が始まった
 本当にたまらない気持ちです。さいわい保育園民営化の事業者公募が今日から始まりました。東京都福祉保健局のホームページに出ています。どうしてこんな理不尽なことができるのでしょう。言葉を失います。
「保護者の合意のないまま強行しないで」という住民の要望を切り捨て
 6月23日の住民説明会に出席した近隣住民有志の方たちが、都と市に要望書を提出していましたが、その回答も今日ファクスで市から来たそうです。
 住民の方の要望は、(1)保育園の保護者の合意がないまま、強行しないでください(2)平日の夜1回だけの説明会では、出たくても出られない住民が多くいました。土日を含め、時間も変えて、説明会を改めて開いてください。その間、事業者公募は行なわないでください(3)23日の説明会での質疑応答についてプリントし、近隣住民に配布してください―というもの。唯一、(3)については何らかの形でお知らせするとのことで、それ以外は、ゼロ回答です。
問われる市長の責任
 保護者の合意がなくても、住民が不安を訴えても強行する…。いったん立ち止まって市民の声に耳を傾けることすらしない…。行政って何なのか? 誰のために仕事をするのか? そして、なぜ、市長はこんな状態なのに問題の整理すらしないのか?
 今日で6月議会は終わりましたが、さいわい保育園問題は事業者公募の強行という新たな始まりです。絶対にあいまいにすることはできません。

カタバミ
b0190576_21570186.jpg

by hara-noriko | 2015-06-29 21:57 | 市政報告 | Comments(2)