2015年 09月 19日 ( 1 )   

戦争法の強行 民主主義が問われる   

 9月17日、9月議会が終わりました。
 「安全保障関連2法案の廃案を求める意見書採択についての請願」は、民主・市民自治・社民・共産の賛成、自民・公明・久留米・維新の反対。9対12で不採択に。
 請願に対し、賛成討論に立ったのは共産党の篠原議員。反対討論は、公明党の沢田議員。篠原議員は、立法の根拠が失われたことをていねいに討論。ホルムズ海峡の機雷掃海について、安倍首相が「具体的には想定していない」と答弁したこと。また、日本人を救うために集団的自衛権の行使が必要と説明してきたことについても、「日本人が乗っていない船を守ることもありうる」と答弁したこと。…「戦争法案」「徴兵制」などの言葉がでてくると、そのことをていねいに話していても、「戦争じゃない」「めちゃくちゃだ」などと過敏に反応しての野次がとびましたが、立法の根拠が失われたという部分では議場は静かでした。
 立法の根拠も失われた、そもそも違憲の法案。会議録さえとれない状態なのに、採決が行われたとした参院特別委員会。内容も進め方も許されません。だからこそ、多くの国民が反対しているのです。本当に民主主義が問われています。

「戦争法案廃案、民主主義って何だ」とコールする若者たち(国会正門前)
b0190576_00392065.jpg


by hara-noriko | 2015-09-19 00:39 | 市政報告 | Comments(3)