2015年 12月 11日 ( 2 )   

自治体のあり方が根本から問われている 一般質問   

 一般質問が終わりました。
 傍聴してくださったみなさん、ありがとうございました。今回、質問しながら、自治体のあり方が根本から問われている、大変な時期を迎えている…とつくづく感じました。時間切れで、十分再質問することができなかった課題は、厚生委員会・予算特別委員会で取り組んでいきたいと思います。

 質問した中からいくつか…。
障害者や難病者の手当切り下げは撤回してほしい
 障害者総合支援法の見直しがどうなるか不透明なまま、市は障害者や難病者の手当を切り下げようとしています。
 この見直しは、財政健全経営計画実行プランにあげられています。が、9月に質問したときには、「まだ検討中」ということで、市民への影響はわかりませんでした。今議会、議案として提出されたので、実行プランでいうところの、見直しによる「効果額」はいくらだと試算しているのか質問したら、それはわからない、3月には出せる予定と…。
 それはないのではないか。実行プランというのは、市民への影響、市財政への「効果」が不明でも、とにかく削りたいものを載せるというものなのでしょうか? 私は、この議案は撤回すべき、と求めました。議場では、他の議員の方からも、「おかしい」「出し直し」の声も聞かれました。
いったんとりさげて、障害者・関係者のみなさんと議論すべきです
 市は、障害者福祉手当(6700円)を現在受けている人は受け続けられ、新規の人を認めないだけから影響はない、と考えているのでしょうか。差別解消法が来年4月から施行されるというときに、このような切り下げをすすめる…障害者のなかに差別をうんでしまうことにならないか…考え直してほしい…。いったんとりさげて、障害者・関係者のみなさんと議論すべきだと思います。
 つづきは、15日の厚生委員会でおこないます。

公共施設のあり方をめぐる市民アンケート 市は安易な廃止に走らないように
 公共施設のあり方の市民アンケートについて質問しました。
 このアンケートでは、どういう公共施設を利用しているか、利用していない施設を利用しない理由は何か、を聞いています。そして、最後には、「将来的な財政負担抑制のため、既存施設の数を削減したほうがよいと考える施設」は何か、まで踏み込んで聞いています。この結果、男女平等推進センターと文化財展示室等が1位、2位でした。
 でも、これらの施設を利用していないという方の回答をみると、「利用する必要がない」という理由の次に、「施設の存在やサービス内容を知らない」ということが高い割合になっています。一方、市立保育園は、「利用する必要がない」がその施設の目的や内容を知らない人は少ない…だから削減したほうがよい、と答える人は極めて少ないです。
 私は、そのことを示しながら、単純な公共施設廃止に走らないよう、十分な分析をすることを求めました。男女平等推進や、文化財保護は市としてきわめて重要な事業です。そのことをふまえての検討が必要です。
 現在、「公共施設のあり方に関する基本方針検討委員会」がおこなわれており、私は、11月25日に傍聴しましたが、その場でも、このアンケート作業を受託したコンサルが、「この結果だけでこれを廃止する、という極論につながらないようにしたい」と発言をし、委員の方からもいろいろとご意見が出ていました。委員会でどう考えていくかは委員会の判断ですが、このアンケートは市としても今後の基礎資料、と述べている以上、市としてよく分析し、慎重な取り扱いをしてほしいと思います。
増やす必要がある施設のトップは「市立保育園」 市はどうフォローするのか
 また、アンケートで増やす必要がある施設のトップは「市立保育園」でした。増やしてほししいという声に対するフォローはどう考えているのか質問すると、そこはとくにないとのこと。…公共施設の維持管理はコストがかかります。その議論はしなければなりません。しかし、当然のことですが、その施設の目的に照らしてどうか、市としてどういう施設が必要か、など、さまざまな角度から深めていく必要がありますね。

東久留米の夜明け(黒目川から)
b0190576_21393807.jpg


by hara-noriko | 2015-12-11 21:39 | 市政報告 | Comments(2)

予算特別委員会のネット配信に関する請願は趣旨採択に   

 12月11日、議会運営委員会があり、「東久留米市議会予算特別委員会のインターネット映像配信に関する請願」が審査され、趣旨採択すべきもの、との結果になりました。採択にはならず残念ですが、前回は意見が分かれて不採択だったので、一歩前進です!
 採択を主張したのは、白石議員(市民自治)と篠原議員・村山議員(共産)。趣旨採択を主張したのは、津田議員(公明)、富田議員(民主)、野島議員・島崎清二議員・島崎孝議員(自民)。前回、不採択の立場だった自民クラブが、公明党の趣旨採択の動議に賛成しました。
 開かれた議会にしていくため、現在実施している本会議のインターネット映像配信に加え、委員会での議論も配信していくべきと思います。他の自治体での低コストでの実施例や、予算特別委員会をカメラのある本会議場でやる例など、議論のなかで出されました。 工夫をして東久留米市でもスタートさせたいですね。

朝焼けに飛ぶ鳥(黒目川から)
b0190576_21193049.jpg

by hara-noriko | 2015-12-11 21:19 | 市政報告 | Comments(0)