2016年 07月 06日 ( 1 )   

参院選 共産党の前進で安倍改憲を止めましょう   

 参院選も最終盤。安倍改憲をなんとしても止めよう、改憲勢力で3分の2を占めさせない、この声が大きくなってきています。アベノミクスで選挙を乗り切ろうとした与党の本音が、改憲であることがはっきりしてきたからではないでしょうか。
選挙で問われる自由と民主主義 内田樹さんの言葉から
 7月3日付の「しんぶん赤旗」日曜版の3面に、内田樹(たつる)さん(哲学研究者・神戸女学院大学名誉教授)の言葉が掲載されています。以下、抜粋です。
 「共産党は今回野党共闘をけん引しています。綱領的立場の違う政党同士でも、政策の一部が一致すれば一時的に共闘できることは民主主義の最もすぐれた点です。これを『野合』と否定する自民党ははしなくも彼らが理想とする体制が『全国民があらゆる政策で一致している状態』であることを露呈させました。国民全員が同じ顔つき、同じ口ぶりで、同じ政治的信条を棒読みするような全体主義的『ディストピア(暗黒郷)』を政治の理想とみなすような人々が政権の座にあり続けていることに僕は深い恐怖を感じています」
 自由と民主主義が問われている、と強く思います。
同じ顔つき、同じ口ぶりを強いる安倍政治にノーを
 そして、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が、壮行会で「国歌を歌えないような選手は日本代表ではない」と発言。ぞっとしました。オリンピックは「競技者間の競争であり、国家間の競争ではない」とうたわれている五輪憲章をまったく理解していないのではないか…。それに、君が代を歌うかどうかは選手の内心の自由です。そこに踏み込むべきではないです。「口を大きく開けて」歌うようにということまで言っている…まさに、「同じ顔つき、同じ口ぶり…」を求めている。
比例は日本共産党に、東京選挙区は山添拓候補に
 本当に今度の参院選が大事になっている、と感じます。ぜひ、日本共産党と山添拓候補(東京選挙区)にご支援をお願いします!

山添拓候補が東久留米にやってくる
★お知らせです。
 山添拓候補が再び東久留米に来ます!
 東久留米での最後の訴えを直接お聞きください!
 7月8日(金)午後2時半~3時 東久留米駅西口
 よろしくお願いします。


シールズの奥田愛基さん(マイクを持つ人)らの応援を受けて開かれた
日本共産党の街頭演説=4日、東京・池袋駅東口
b0190576_01420057.jpg

by hara-noriko | 2016-07-06 01:42 | 選挙 | Comments(2)