2016年 10月 24日 ( 2 )   

私の思い(2)共同の流れを清瀬・東久留米から   

 清瀬市と東久留米市の2カ所で開かれた日本共産党の国政報告会(10月22日)。私の訴えの2回目です。

■市民が政治を動かしている

 来年6月の都議会議員選挙に挑戦するにあたって考えたことの一つは、「市民と野党の共同」の流れを清瀬市・東久留米市からつくっていきたい、ということです。
 うれしいことがありました。10月16日に投票が行われた新潟県知事選挙でも、市民と野党が共同して大勝利をおさめました。市民が政治を動かしていることを、この選挙で改めて実感しました。市民と野党が力を合わせれば政治を具体的に前にすすめることができます。政治を変えていくことができます。その流れを大きくしたい。
■利島村の勇気に感動
 10月16日はもう一つ、うれしいことがありました。東京都利島村(としまむら)の村議選で、共産党の笹岡壽一さんがトップ当選しました。私は農業委員をやっていたので、農民連(農民運動全国連合会)の会員です。東京農民連の総会のときに、笹岡さんの隣の席でした。いろいろ話をしました。深く島の状況を把握され、研究していることに感銘を受けました。その笹岡さんは、前回の村議選では21票で落選でした。今回は45票です。得票倍増です。笹岡さんの努力と同時に、利島村の人たちの勇気に感動しました。誰が誰に投票したのかがわかってしまうような環境です。「やっぱり共産党が必要だ」と思っていただけたのだと思います。
 村議選の結果に勇気をもらって、私も2人区でなんとしても勝っていきたいと思っています。(つづく)

私の思い(1)「都政の壁」を破りたい
私の思い(3)都民の声を都政にもっていく
私の思い(4)みなさんと力を合わせる

たくさんの方から激励をいただきました
b0190576_22553945.jpg
カワセミ
b0190576_22570772.jpg



by hara-noriko | 2016-10-24 22:57 | 東京都政 | Comments(0)

私の思い(1)「都政の壁」を破りたい   

 清瀬市と東久留米市の2カ所で開かれた日本共産党の国政報告会(10月22日)。宮本徹衆院議員が国政報告をおこない、私は都議予定候補として都政についての思いを訴えさせていただきました。4回にわけて紹介します。

 東久留米市の市議会議員として17年間活動するなかで感じたことがあります。それは、「何としても都政の壁を突破したい」ということです。これが、都議会に挑戦する大きな動機です。
■都立清瀬小児病院の廃止は高齢者にとっても大打撃だった
 この地域では、都立清瀬小児病院の廃止に反対するとりくみが広がりました。また、保育園を民営化させない、待機児解消を実現するというとりくみもあります。ほかにもたくさんの分野でねばり強い活動が続いています。ここで都政が一つの壁になっています。
 清瀬小児病院は、かけがえのないみんなの病院だったのに、石原都政はなくしてしまいました。ここにいらっしゃるみなさんと一緒に「小児病院を守ろう」と署名を集めました。小児病院が廃止されたあとも、この地域の小児医療を良くしようと多摩北部医療センターにかけあったりするなどしてきました。
 もし、この地域(北多摩4区)から日本共産党の都議会議員が出せていたら、ぶれないでがんばる共産党の都議会議員がたくさんいたら、と思います。
 小児病院の問題は、子どもの問題だけではありません。多摩北部医療センターは、もともとは多摩老人医療センターでした。老人医療研究の拠点となっていたところです。ここがお年寄り専門の病院ではなくなりました。辞めていくお医者さんもいらして、かかっていらした患者さんで行けなくなってしまった方もいます。高齢者にとっても大打撃だったんです。こんなことは二度とあってはなりません。
■公立保育園運営費の独自補助をゼロにした東京都
 保育園の問題も、東京都と深い関係があります。
 「公立保育園の廃止」という計画が東久留米市から出されています。市は「財政が厳しいから」といいます。市はずっと黒字決算ですけれど、「財政が厳しい」と。なぜそんなことになるのでしょうか。
 一つの理由は、国が公立保育園の予算を一般財源にしてしまったことです。以前は、保育園の運営費として使ってくださいと決められていた国の補助金が、なんにでも使える「一般財源」にされてしまったため、自治体の姿勢によって保育予算が削られる事態になりました。東京都は、もっとわるいです。一般財源化に合わせて、都独自におこなっていた運営費の補助をゼロにしてしまったんです。
 この都政の壁を突破できれば、公立保育園全廃計画にストップをかける大きな力になります。
■市民のねばり強いとりくみを実らせたい
 みなさんのねばり強いとりくみを、今度こそ実らせる。そのために市政でがんばる。同時に、国政にも働きかけながら、都政を変えていく。このことが本当に必要だと思います。
 多摩地域は、共産党の都議会議員が2人しかおりません。清瀬・東久留米の北多摩4区は2人区ですけれど、なんとしても風穴をあけたいと決意しています。(つづく)

私の思い(2)共同の流れを清瀬・東久留米から
私の思い(3)都民の声を都政にもっていく
私の思い(4)みなさんと力を合わせる

宮本徹衆院議員(左)といっしょに訴えた国政報告会
b0190576_00421534.jpg
今年もヒドリガモがやってきました(落合川)
b0190576_00422149.jpg

by hara-noriko | 2016-10-24 00:43 | 東京都政 | Comments(2)