2018年 12月 22日 ( 2 )   

西東京市議選 共産党4人の当選を   

多摩地域選出の都議が応援に
 いよいよ明日。西東京市議選の投票日です。共産党都議団からも清水ひで子都議、尾崎あや子都議、池川友一都議、そして私の多摩チーム4人が、それぞれ時間をつくって応援に!

私は中村すぐる候補(新)と一緒に
 私も、昨日と今日、少しの時間ですが中村すぐる候補(新)の応援に行きました。
 今日は、音を出せるラスト2時間半、中村候補の応援スピーチを数カ所で行いました。最後の田無駅北口での中村候補の訴えは、最高でした。「図書館などの駐輪場の有料化の計画は絶対に許さない、たくさんの子どもたちが利用する場所なのに、こんなことをやろうとしている西東京。この計画をどうしても止めたい」と。
 誰もが文化的な生活を送れるようにしていきたい、と訴え続けている中村候補だからこそ、本当に説得力があります! そんな中村さんをなんとしても、と私も心をこめてスピーチしました。(要旨)

《私の応援スピーチ》

なんとしても中村さんを勝たせたい
 日本共産党の都議会議員、原のり子です。中村すぐるさんを何としても勝たせていただきたい、その思いで駆け付けました。
 私は、都議選の候補者同士、ということで中村さんと出会いました。それぞれ都議選にとりくみ、当落が決まりました。中村さんは惜しくも届きませんでしたが、その翌日、私に声をかけてくれました。原さんがんばって、おめでとう、というのではなく、「原さんお疲れ様です。これからもがんばりましょう」と声をかけてくれたのです。私は、感動してしまいました。この人は本当にすごい人だと。これからも政治を変える、社会を変えるとりくみを続けていくんだ、という意思を感じ、学ばされました。そういう人だからこそ、この市議選に立候補したのだと思います。

市民の声を受け止め、まっすぐ議会に届ける
人の痛みを自分の痛みとして感じ取る中村さんこそ
 私は都議会に行って、改めて市政が大事だと実感しています。小中学校の体育館のエアコン設置の東京都の補助が決まりましたが、このおおもとは市民のみなさんの声と各市区町村の共産党議員団のとりくみがあります。そこに学びながら、共産党都議団は他の会派にもよびかけて条例提案をおこないました。共産党以外の会派が反対して通らなかったけれども、東京都の補助が実現しました。
 市民によりそい、市民の声を受け止め、まっすぐ議会に届ける。このことが一番大事です。まさに、中村さんはやさしく誠実、人の痛みを自分の痛みとして感じとり、行動する人。そして31歳、若い力です! こういう人こそ、市政に必要なのではないでしょうか。なんとしても、おしあげてください。そして共産党4人全員を当選させてください。こころから訴え、私の応援スピーチといたします。

実績抜群、なくてはならない現職の3人
藤岡ともあき候補、保谷清子候補、大竹あつ子候補
 私は、藤岡ともあき候補(現)、保谷清子候補(現)、大竹あつ子候補(現)それぞれからもいろいろ教えていただいたことがあります。最近では、保育園民営化問題で話し合いました。また、文書質問した、小中学校の特別支援教室のことや同性カップルは里親になれないという東京都の姿勢の改善など、大竹さんから学んでとりくみました。これからも、連携してとりくんでいきたいと思います。実績抜群、なくてはならない3人。中村さんとともに、なんとしてもおしあげてください。

中村すぐる候補と一緒に訴え
b0190576_23363440.jpg

力いっぱい政策を語る中村候補
b0190576_23503696.jpg
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)

西東京市議選 日本共産党候補
(左から)藤岡ともあき候補(現)、保谷清子候補(現)
大竹あつ子候補(現)、中村すぐる候補(新)
b0190576_23312530.jpg




by hara-noriko | 2018-12-22 23:32 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党都議団 都知事に予算要望   

重点要望は24分野93項目
 12月20日、日本共産党都議団は小池知事に、来年度の予算要望を提出しました。この日は、すべての会派が順番に提出する日。すべてマスコミにも公開されています。時間は少々短いですが、とても良いことだと思います。
 共産党都議団の予算要望は、全部で2500項目近くになります。そのうち、重点要望は24分野、93項目
 知事は、あいさつのなかで、小中学校体育館へのエアコン設置補助や防災対策などの補正予算について全会一致で可決していただいた、これで来年夏に向け推進していけると述べました。
 続いて大山とも子幹事長が都議団を代表してのあいさつと全体の特徴を、清水ひで子政調委員長が重点項目を説明。さらに、とや英津子都議が小中学校体育館のエアコン設置については、都補助の継続と区市町村支援の充実が必要であること、和泉なおみ都議が国保税の引き上げにならないよう都の財政支援が必要であることなどについて補足しました。
 知事は、一つひとつ精査しながら、みなさまと建設的な議論を積み重ね、良い予算に仕上げていきたいと話し、予算要望提出は終了しました。

私自身 思い入れのある課題は

 今回の予算要望のなかには、私自身も質問をおこなうなどのなかで、思い入れのある課題がたくさんあります。重点要望に新たに盛り込まれたなかでは…
 *都庁における障害者の正規職員としての採用について、知的障害の方は採用がないという状況をふまえ、障害の特性に応じた仕事の創出と、採用試験についての合理的配慮を充実すべきであること。
 *幼稚園や保育園の給食や、幼稚園類似施設も幼児教育の無償化の対象とするように国に求め、そうならなかった場合、東京都が支援していくこと。
 *障害者グループホームの都加算見直しにより、存続できなくなる施設が出ないよう、支援を強化すること。
 *ひきこもりの方への支援や青少年施策をすすめる部署は青少年・治安対策本部だが、青少年施策と治安対策は本来質が違うものであり、青少年施策については治安対策と切り離すべき。

 予算要望がひとつでも多く前進するよう、さらにとりくんでいきます。


2019年度 東京都予算編成に対する要望
2019年度 東京都予算編成に対する重点要望

小池知事に要望書を手渡す
日本共産党都議団
b0190576_11214754.jpeg

毎週土曜日の定例宣伝で
マイクで訴える宮本徹衆院議員
その左でビラを手に持つ北村りゅうた・東久留米市議
b0190576_02455360.jpg
b0190576_02455875.jpg
b0190576_02460206.jpg

初冬の雑木林
b0190576_02460625.jpg
b0190576_02460985.jpg




by hara-noriko | 2018-12-22 02:48 | 東京都政 | Comments(0)