2019年 02月 04日 ( 1 )   

東京・清瀬市で共産党演説会   

市田忠義副委員長が駆けつける
 2月2日、東京・清瀬市で日本共産党演説会がおこなわれました。自分自身も弁士の一人として参加しましたが、何より、日本共産党副委員長の市田忠義参院議員と市議・予定候補のお話に胸を打たれっぱなしでした。

市議・予定候補の訴えに聞き入って
 トップバッターは、香川やすのり予定候補。政治にまったく関心のなかった自分が、なぜ、予定候補を決意することになったのか、という話にみんな聞き入りました。つづいて、山崎美和市議、深沢まさ子市議、原田ひろみ市議、佐々木あつ子市議。清瀬市議団が、市民によりそい、市民とともに、どれだけ大きな役割を果たしてきたのか実感する話が続きました。

あたたかい雰囲気の清瀬市議団
 私は、都議になってから、清瀬のことはなんでも市議団のみなさんに相談してとりくんでいます。ときどき、市議団の会議にも寄らせてもらっています。いつ行っても、ほっとできるあたたかい雰囲気の市議団です。団結していて、一人ひとりが本当に個性豊かで魅力的。みなさん自身の訴えが、聞いている方々にまっすぐ届いている、と感じました。

私のスピーチは
 都議選のときにも実感した、市民のみなさんこそ政治を動かす…その力で2人区の壁をみんなでのりこえたことに触れながら、この地域は、市議団・都議の私・宮本徹衆院議員と連携しながらとりくめるようになったこと。さらに、清瀬市議団が国民健康保険税の子どもの均等割の負担軽減や、オスプレイの無通告訓練に対し、いちはやく他会派にもよびかけて意見書を提出するなど、先駆的な活動をしてきていること。そこに学んで都議団でもとりくんでいること。…などを話しました。
 そして、都議会も共産党の議席がふえて前向きの変化をつくりだしている。清瀬でも必ず5人に前進すること。また、市民の声を聞く、まっとうな市長をみんなで誕生させること。そして、いよいよ参院選で、共同の力で安倍政治を終わりにしよう。そのために全力を尽くす決意を述べました。(一人ひとりへの私の思いは、リーフの短い文章に込めました)

胸にしみた市田さんの演説
 最後に、市田さんが60分にわたり演説。優しく、わかりやすく、胸に染み入るお話でした。消費税、憲法9条、沖縄…統一地方選挙、参院選…。今、人としてどう生きるのかを問いかける話に深く考えさせられました。

私もがんばる
 だれもが人間らしく生きられる社会にしていくために、今、自分にできることをしよう。あらためて、すばらしい5人の市議・予定候補のみなさんや市民のみなさんと一緒に、その活動ができることを本当に幸せだと思いました。がんばります!


大きな声援をいただきました
b0190576_23442357.jpg

市田忠義副委員長(参院議員)
b0190576_23461010.jpg

香川やすのり予定候補
b0190576_23461584.jpg

山崎美和市議
b0190576_23461953.jpg

深沢まさ子市議
b0190576_00053258.jpg

原田ひろみ市議
b0190576_23462419.jpg

佐々木あつ子市議
b0190576_23462745.jpg

私も訴えました
b0190576_23462901.jpg




by hara-noriko | 2019-02-04 23:47 | 活動日誌 | Comments(0)